【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

アセアン株式投資のメリットは?ASEAN株の特徴やおすすめの証券会社を解説

アセアン株

アセアン株といえば、成長性の高い魅力的な株式です。

今回はアセアン株について、特徴や注意点をわかりやすく解説していきます。

おすすめの証券会社もあわせてご紹介していますから、比較検討してみてください。

投資のリスクは十分に把握したうえで、アセアン株への投資を行いましょう。

関連記事:アジア株で資産形成!おすすめのアジア株式や注意点・コツをわかりやすく解説

目次

アセアン株とは?

アセアン株

ASEAN(東南アジア諸国連合)に加盟している国の株式を、アセアン株といいます。

1967年のバンコク宣言によって設立され、現在は10カ国から構成されています。

参加国は以下の通り。

ASEAN参加国一覧
  • インドネシマレーシアジア
  • シンガポール
  • タイ
  • フィリピン
  • ブルネイ
  • ベトナム
  • マレーシア
  • ミャンマー
  • ラオス

この10年高い経済成長を続けており、今後の動向が注目されています。

人口の多さも特徴の一つであり、経済はさらに成長していくと予想されているのが、アセアン株なのです。

関連記事:ヨーロッパ株の投資とは?欧州株の特徴やおすすめの証券会社をわかりやすく解説

アセアン株式に投資すべき理由

アセアン株

アセアン株式は人気の株式ですが、どうして人気なのでしょうか。

投資先として検討すべき理由をまとめました。

アセアン株式の魅力を確認してみましょう。

アセアン株式に投資すべき理由
  • 新興国の成長性に期待できる
  • 人口増加による経済成長
  • 配当利回りの高さ

新興国の成長性に期待できる

ASEANに加入している国の多くが、新興国と呼ばれる国です。

現在はまだ経済水準が低くとも、高い成長性を秘めた国のこと「新興国」と呼びます。

経済や市場にまだ成長の余地があるため、今後に期待ができるわけですね。

もちろん良いことばかりではなく、未成熟だからこそのデメリットもある点には注意が必要です。

人口増加による経済成長

ASEAN加入国は、人口が右肩上がりで増えています。

人口増加は経済成長の要因といえますから、投資においては大きなメリットといえるでしょう。

人口が増えるということは、消費活動もその分規模が大きくなるということです。

結果消費市場は拡大し、経済成長につながるわけですね。

今後も人口増加が予想されるため、経済成長への期待も高まっています。

配当利回りの高さ

アセアン株は配当利回りの高さも特徴の一つです。

投資において得られる利益は、売却益(キャピタルゲイン)だけではありません。

配当(インカムゲイン)も利益です。

高配当の銘柄を保有していれば、中長期的に大きなプラスにつながる可能性があります。

関連記事:株式投資勝利の法則!勝ち方や負けない買い方、勝つ人の特徴を解説

アセアン株式の注意点

アセアン株

魅力的なアセアン株ですが、投資するうえで注意しておきたいポイントもあります。

投資が失敗で終わらないためにも、注意点を確認しておきましょう。

アセアン株式の注意点
  • 手数料の高さ
  • 情報の少なさ
  • 選択肢の少なさ
  • 為替リスク
  • カントリーリスク

手数料の高さ

アセアン株に投資する場合、手数料が発生してきます。

証券によっては手数料が高くなりますから、いくらくらいかかるのかは把握しておきたいところ。

結果によっては「利益よりも手数料のほうが多くなってしまった」なんてことにもなりかねません。

国内の株や米国株と同じ感覚で投資をしていると、想像以上の手数料が発生してしまう可能性がありますよ。

情報の少なさ

アセアン株に関する情報が少ない点にも注意しましょう。

米国株や中国株に比べると、アセアン株の情報を集めることは容易ではありません。

投資において情報収集は大切な作業です。

リアルタイムでの情報をできるだけ入手するようにしましょう。

選択肢の少なさ

証券会社によってはアセアン株の扱いがないことも。

米国株に比べれば、選択肢も多いとはいえません。

必ず希望条件を満たす銘柄があるとは限らないため、期待のしすぎは禁物です。

期待できる銘柄を逃さずチェックしておきたいですね。

為替リスク

外国株で忘れてはならないのが、「為替リスク」の存在です。

為替リスクとは、為替相場の変動によって発生するリスクのことを指します。

外貨建ての資産を保有している場合、為替変動だけでも損益が発生してきます。

状況によっては保有しているだけで損失が出る可能性があるのです。

新興国はインフレのリスクも高いですから、為替リスクをきちんと把握しておく必要があります。

カントリーリスク

カントリーリスクとは、国の政治・経済状況の変化によって発生するリスクのことを指します。

例えば政府による政策の変更、通貨の急落が挙げられます。

内乱や地震といったリスクも、カントリーリスクの一つです。

新興国はこのカントリーリスクが高いとされ、成長性への期待がある反面、急落という機縁もはらんでいます。

アセアン株に投資する場合は、国の政治・経済情報も常にチェックしておく必要があるのです。

日本とは異なる情勢となりますから、情報収集が大切になるわけですね。

関連記事:【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

アセアン株に投資できるオススメ証券会社

アセアン株に投資したいなら、まず証券会社選びにこだわる必要があります。

証券会社によっては、アセアン株の取り扱いがない可能性もあります。

今回はアセアン株の扱いがある証券会社の中から、オススメを厳選してご紹介。

気になる証券会社があれば口座開設しましょう。

SBI証券

SBI証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託2,632件
株式以外債券
FX
CFD
金/銀/プラチナ
先物・オプション
保険
口座開設・取引までの日数最短翌営業日
特徴圧倒的口座数
100万円まで手数料0円
充実のサービス

アセアン株式への投資をするなら、SBI証券で口座開設するのがおすすめです。

SBI証券で取り扱われているアセアン株は以下の通り。

  • ベトナム
  • インドネシア
  • シンガポール
  • タイ
  • マレーシア

なかでもベトナム株は300銘柄以上と豊富にそろっています。

SBI証券は総合力が高く、外国株はもちろん他の投資も充実しているところが大きな魅力です。

アセアン株に投資しつつ、他の投資もSBI証券で同時並行で進められますよ。

証券会社選びで迷ったら、口座数No.1のSBI証券で口座開設しましょう。

SBI証券でのアセアン株式手数料

インターネット
取引手数料
ベトナム【インターネット】
約定代金×2.2%
最低手数料:1,320,000ベトナムドン
【電話】
約定代金×2.926%
最低手数料:1,320,000ベトナムドン
インドネシア約定代金×1.1%
最低手数料:261,800インドネシアルピア
シンガポール約定代金×1.1%
最低手数料:30.8シンガポールドル
タイ約定代金×1.1%
最低手数料:837.1タイバーツ
マレーシア約定代金×1.1%
最低手数料:83.6マレーシアリンギット

ベトナムの手数料だけやや高めであることがわかりますね。

\口座数&総合力No.1!/

関連記事:SBI証券の評判・口コミ!実際のところどうなのか利用者の声から徹底解説

楽天証券

iDeCo,おすすめ

楽天証券でもアセアン株式は扱われています。

取扱いのあるアセアン株式は以下の通り。

  • シンガポール
  • インドネシア
  • マレーシア
  • タイ

タイは70銘柄以上あり、豊富な選択肢があるといえます。

楽天証券の魅力は、特定口座・NISA口座も利用できるという点と、日本円で注文できる点です。

売却代金や配当金も日本円で受け取れるのは大きなメリットですね。

投資情報はシンガポールの大手証券会社であるフィリップ証券によるレポートが、日本語で用意されています。

情報収集しやすいのはありがたいポイントです。

楽天証券でのアセアン株式手数料

手数料約定代金×1.1%
最低手数料:550円

上記はインターネット取引での手数料です。

電話取引の場合、上記に加え別途2,200円かかるため注意しましょう。

アイザワ証券

アイザワ証券は、アジア株に強い証券会社です。

  • ベトナム
  • インドネシア
  • シンガポール
  • タイ
  • マレーシア
  • フィリピン

6つの国の株式が取り扱われています。

中でもベトナム株は270以上の銘柄がそろっており、ダントツの充実具合です。

手数料は高めですから、選択肢を増やしたい方にオススメの証券会社といえます。

アイザワ証券でのアセアン株式手数料

対面取引手数料
ベトナム約定代金×2.20%
最低手数料:5,500円
インドネシア約定代金×2.20%
最低手数料:5,500円
シンガポール約定代金×2.20%
最低手数料:5,500円
タイ約定代金×2.20%
最低手数料:5,500円
マレーシア約定代金×2.20%
最低手数料:5,500円
フィリピン約定代金×2.20%
最低手数料:5,500円

SBI証券や楽天証券と比べると、手数料はやや高めですね。

とはいえ、銘柄の充実度では一歩先を行っているといえます。

関連記事:スマホ証券最新比較ランキング!手軽に始められる株式投資の魅力を徹底解説

分散投資をするならアセアン株以外にも!

株式投資をするなら、分散投資をしてるリスクを減らすことが重要です。

アセアン株式だけでなく、他の株式にも投資を検討しましょう。

他の投資をしたいときにオススメの証券会社をご紹介します。

GMOクリック証券

GMO,CFD

総合評価
取引手数料無料
取扱商品株価指数CFD
商品CFD
株式CFD
バラエティCFD
デモ口座あり
口座開設・取引までの日数 最短当日

GMOクリック証券で、株式投資やCFDに取り組むのもおすすめです。

CFDは世界中の資産に投資できる商品。

他の金融商品にはない魅力で、今人気を集めています。

CFDであればデモ口座を作って体験することもできますよ。

株式投資では取引手数料の安さや貸株サービスが特長的です。

貸株サービスとは、自分が保有している株式をGMOクリック証券に貸し出すことで、金利を受け取れる便利なサービス。

効率的な資産運用をするためにも、チェックしておきたいサービスですね。

\無料ではじめる!/

関連記事:GMOクリック証券の評判・口コミまとめ!人気のFXや手数料についても紹介

松井証券

松井証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託1,580件
株式以外FX
先物・オプション
口座開設・取引までの日数最短3日
特徴使い勝手の良いツール
お得な手数料
手厚いサービス

松井証券は、わかりやすい手数料体系が魅力。

手数料は、1日の約定代金が合計50万円まで0円となっています。

サポートの手厚さにも定評があり、オペレーターがリモートでサポートしてくれるため初心者でも安心です。

投資信託のロボアドバイザーも人気であり、これから投資を始める方にオススメの証券会社といえます。

\無料ではじめる!/

関連記事:松井証券の評判・口コミまとめ!手数料や投資信託についても解説

マネックス証券

マネックス証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託1,235件
株式以外債券
FX
先物・オプション
金・プラチナ
口座開設・取引までの日数 最短翌営業日
特徴100円から始められる
米国株に強い
お得なマネックスポイント

米国株・中国株に投資をするなら、マネックス証券がおすすめです。

5,000銘柄以上の米国株が取り扱われており、新規上場の銘柄もスピーディーに追加されています。

米国株デビュー応援プログラムとして、最大3万円キャッシュバックのサービスがあるのも魅力的。

米国株為替手数料(買付時)は無料ですし、米国ETF13銘柄の買付手数料(税抜)も実質無料となっています。

時間外取引にも対応していますし、米国株・ETFの積立投資も可能と充実したサービスがそろっていますよ。

クレジットカード投信積立サービスも要チェックです。

\無料ではじめる!/

関連記事:マネックス証券の評判・口コミまとめ!米国株やIPOの人気についても解説

アセアン株で投資をより充実したものに!

アセアン株にはメリットも多いですが、リスクも当然存在します。

必ずしも利益が発生するわけではありませんから、きちんと情報収集したうえで投資をするようにしましょう。

また証券会社選びも重要なポイントです。

さまざまな手段を比較しつつ、自分に合った投資スタイルを確立させてくださいね。

関連記事:初心者向け米国株の買い方を解説!日本株との違いやおすすめネット証券を紹介

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

\マンガの続きを読む/

コメント

コメントする

目次