【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

初心者向け米国株の買い方を解説!日本株との違いやおすすめネット証券を紹介

米国株,買い方

米国の株式市場(NYダウ)は長期にわたり上昇傾向にあり、過去30年で大きな下落がありながらもV字回復し、高値を更新し続けています。

米国企業の高い成長性を見込んで、米国株をポートフォリオの中心に据えた投資スタイルも人気ですよね。

とはいえ、米国株をどのように買えばいいのか、始めればいいのか、と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

このページでは、米国株の買い方・始め方を初心者向けにやさしく解説しています。

また、米国株を始めるにあたっておすすめのネット証券を紹介しますので、これから米国株の購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

こんな人におすすめ!
  • 米国株の買い方や取引までの流れを知りたい
  • 米国株の魅力ってなに?
  • 米国株におすすめのネット証券を教えてほしい
  • 米国株によくある質問って?(取引時間・税金・最低取引単位など)
目次

米国株とは?米国株の魅力と日本株との違い

米国株,買い方

米国株とは、経済大国であるアメリカ合衆国で取引されている株式を指します。

日本では東京証券取引所(東証)などの取引所で株式取引がおこなわれており、アメリカではニューヨーク証券取引所やナスダック(NASDAQ)で米国株の取引がおこなわれています。

米国株は誰もが知る有名企業(アップルやマイクロソフトなど)に投資できるのが魅力です。

また、さらに米国株の魅力は下記3点がありますよ。

  • 1株から少額投資できる
  • 配当が年4回ある
  • 日本株式と比較して高配当である

有名企業に1株から投資できるだけでなく、株主還元に力を入れている米国株式では、日本と比較して配当利回りが高い傾向にあります。

また、日本と違い株主優待制度はありませんが、基本的に配当を年4回受けられるので、定期的な収入が見込めるのが米国株の魅力です。

米国株と日本株の違い

ここでは米国株と日本株の違いを3つにまとめました。

米国株と日本株の違い
  • 株の銘柄コード
  • 購入単位(1株から)
  • 配当のタイミング

米国株の銘柄コードは「アップル(AAPL)」や「マイクロソフト(MSFT)」のようにアルファベットで表記され、ティッカーシンボルとも呼ばれています。

日本株の銘柄コードは4桁の数字で表記されていますね。

また、米国株は先述の通り、1株から購入可能です。

日本株の購入単位は100株などを1単元として購入するのが一般的ですが、実はこれは日本株特有の買い方になります。

最近では、日本株も1株からの購入が可能な証券会社が、増えつつありますね。

配当のタイミングも、日本では年1、2回が一般的なのに対して、米国株は基本的に年4回あります。

少額から気軽に取引が始められ、安定した収入が見込めるのはうれしいですね。

米国株の買い方や取引の流れを4ステップで解説

米国株,買い方

初心者に向けて、米国株の買い方から取引までの流れを、4STEPでやさしく解説します。

  1. 証券総合口座を開設する
  2. 外国株取引用の口座を開設する
  3. 米国株購入用の資金を入金する
  4. 購入したい銘柄を注文する

①証券総合口座を開設する

米国株の取引をスタートさせるためには、まず証券会社で総合口座を開設する必要があります。

ただし、証券会社であればどこでも米国株の取引きができるわけではありません。

すでに総合口座を開設している場合、その証券会社が米国株取引に対応しているかを確認してください。

総合口座の開設が必要であれば、下記サイトを参考に総合口座の開設手続きをしましょう。

ネット証券の口座開設方法!必要なもの・かかる日数・口座の違いなどをやさしく解説

ネット証券では、オンラインからの申し込みだと最短5分で申込手続きが完了し、最短翌営業日には口座開設が完了するところもあるのでおすすめですよ。

②外国株取引用の口座を開設する

総合口座の開設が完了したら、次は外国株取引用の口座を開設します。

通常の外国株取引用の口座開設は、総合口座にログイン後、外国株取引用口座の開設を選択し申請するのみで大丈夫です。

証券会社によって口座開設キャンペーンや米国株デビューキャンペーンなどをおこなっているので、口座開設のタイミングを合わせるとお得に取引開始できますよ。

人気ネット証券のキャンペーンを紹介!新規口座開設やキャッシュバックでお得に

③米国株購入用の資金を入金する

入金は、「銀行から総合口座へ入金」→「総合口座から外国株式取引用口座へ資金移動」→「外貨決済又は円貨決済」の流れですすめます。

銀行口座から直接外国株式取引用口座に入金はできないので注意してください。

米国株は、口座内の資金を一旦米ドルへ両替してから購入する「外貨決済」と、日本円でそのまま取引する「円貨決済」があります。

円貨決済は、米ドルの準備のために両替(為替振替)を事前に行う必要がなく、手軽に取引開始できるので初心者におすすめです。

ただし、円貨決済は一定の手数料が必要となり、外貨決済よりコストが割高になるので注意しましょう。

コストを抑えたい人や米国株を頻繁に売買したい人は、外貨決済が向いています。

④購入したい銘柄を注文する

口座に資金の入金が完了したら、いよいよ取引が開始できます。

まずは購入したい銘柄を注文・発注をしてみましょう。

注文方法は、日本株の注文方法とあまり変わりません。

米国株はティッカーシンボル(銘柄コード)を使用すると銘柄を検索しやすくなりますよ。

外国株取引の画面に購入した銘柄を表示させ、発注をおこないます。

数字の桁数に間違いがないかなど、注文確認画面をよく確認をするように気を付けましょう!

米国株でどんな銘柄を買えばいいか迷っている人は、下記サイトでおすすめの米国株を紹介していますので、購入時の参考にしてください。

米国株銘柄のおすすめ10選!米国株に強いネット証券3社も紹介

米国株を買う時に注意すること

米国株の買い方や取引をする上で注意すべきことを3点にまとめましたので確認していきましょう。

  • 為替に影響を受ける
  • 取引時間は日本の深夜帯
  • ストップ高・ストップ安がない

為替変動に影響を受けやすい

米国株の取引きにあたり、ドルと円の為替レートの変動により円換算の価額が下落してしまう、「為替リスク」に注意しましょう。

為替相場の影響を受けやすいため、日ごろから為替相場の動向に注目しておくと良いですよ。

取引時間は日本の深夜帯から翌朝にかけて

アメリカの証券取引所の取引時間は、現地時間で、9:30~16:00です。

日本時間でいうと、23:00~翌朝6:00の深夜帯となります。

また、サマータイムが適用される点、アメリカの東西でも時差が異なる点に注意しましょう。

ストップ高・ストップ安がない

日本の証券取引所では、各銘柄の価格に応じて「ストップ高・ストップ安」と呼ばれる制限値幅が定められています。

この仕組みは市場の混乱を避け、投資家の保護を目的に設けられています。

しかし米国株投資は、「ストップ高・ストップ安」といった制限がないので要注意です。

株価変動によって一気に大きな利益を手にすることができる反面、大幅な下落で大損するリスクがあります。

米国株におすすめのネット証券3社

米国株に強いネット証券からおすすめ3社を紹介します。

  • マネックス証券
  • SBI証券
  • 松井証券

マネックス証券

マネックス証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託1,235件
株式以外債券
FX
先物・オプション
金・プラチナ
口座開設・取引までの日数 最短翌営業日
特徴100円から始められる
米国株に強い
お得なマネックスポイント

マネックス証券は、米国株に強いと人気のネット証券です。

米国株の取扱い銘柄は豊富で4300本以上と、ネット証券の中でもトップクラスを誇ります。

米国株の特定口座や時間外取引の対応に加え、リアルタイム株価情報も無料提供しているのが特徴です。

米国株専用のアプリは初心者でも使いやすく、積極的に米国株投資をおこないたい人におすすめのネット証券です。

\無料ではじめる!/

関連記事:マネックス証券の評判・口コミまとめ!米国株やIPOの人気についても解説

SBI証券

SBI証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託2,632件
株式以外債券
FX
CFD
金/銀/プラチナ
先物・オプション
保険
口座開設・取引までの日数最短翌営業日
特徴圧倒的口座数
100万円まで手数料0円
充実のサービス

SBI証券は、ネット証券最大規模の初心者に最も選ばれる大手ネット証券です。

米国株に関する決算速報ニュースや投資レポートが豊富で、気になる米国企業の情報収集がしやすいのが特徴です。

取引手数料の安さと取扱い銘柄の豊富さも魅力ですね。

投資初心者から上級者まで、幅広く利用されているネット証券ですよ。

\口座数&総合力No.1!/

関連記事:SBI証券の評判・口コミ!実際のところどうなのか利用者の声から徹底解説

松井証券

松井証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託1,580件
株式以外FX
先物・オプション
口座開設・取引までの日数最短3日
特徴使い勝手の良いツール
お得な手数料
手厚いサービス

100年の歴史を誇る松井証券では、豊富なノウハウからなる手厚いサポートで、初心者でも安心してスタートできるネット証券です。

松井証券では、米国株は初めて、という人でも安心の業界最安水準の手数料体系を実現しています。

また、独自の米国株の投資情報メディアがあり、リアルタイム株価情報を無料提供しているのが特徴です。

\無料ではじめる!/

関連記事:松井証券の評判・口コミまとめ!手数料や投資信託についても解説

米国株でよくある質問Q&A

米国株,F&Q

米国株について、よくある質問をQ&A形式でまとめましたので、チェックしてください。

米国株の取引時間は?

先述にもありますが、米国株の取引時間はアメリカの現地時間で、9:30~16:00です。

日本時間でいうと、23:00~翌朝6:00の深夜帯となります。

また、サマータイムが適用されると取引時間は、22:30~翌朝5:00に変わります。

アメリカの東西でも時差が異なる点に注意しましょう。

基本的に米国株の取引時間は、日本時間で深夜から翌朝にかけてになります。

米国株の税金は日本とは違う?

米国株取引にかかる税金は、基本的に国内の株式取引の税金と同じです。

株式売却時に課せられる売却益は、米国現地では非課税ですが、日本国内にて約20%課税されるので注意しましょう。

  • 譲渡益課税・・・売却益に対する税金
  • 配当課税 ・・・配当金に対する税金

初心者は、「源泉徴収ありの特定口座」を開設しておくと、口座を持つ証券会社が自動的に税金を引いてくれて、確定申告が不要になるのでおすすめですよ!

米国株の最低取引単位は?

日本の株式取引は基本的に100株単位が原則ですが、アメリカでは1株単位から取引が可能です。

そのため、日本株と比較して少額の資金で取引を始められるのが特徴です。

もちろん、10株や100株のようにまとめて注文することも可能ですよ。

莫大な資金がなくても、世界的に有名企業の株主になれるのが魅力ですね。

まとめ~米国株は日本株より高配当が期待できるが注意も必要~

このページでは、米国株の買い方や取引の始め方について解説してきました。

米国株取引は、日本株と比較して配当利回りが高いうえに、配当が年4回あり安定した収入が見込めます。

また、1株からの取引が可能ですので、少ない資金で世界で有名企業の株主になれるのが魅力です。

ただし、米国株取引は大きな収益が見込める反面、為替変動により大きく損をするリスクがあります。

米国株取引を検討している人は、口座開設する証券会社や米国株の銘柄は慎重に選びましょう!

【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

\マンガの続きを読む/

コメント

コメントする

目次