【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

ヨーロッパ株の投資とは?欧州株の特徴やおすすめの証券会社をわかりやすく解説

ヨーロッパ株

外国株といえば米国株や中国株を連想する方も多いでしょうが、ヨーロッパ株も忘れてはなりません。

ヨーロッパ株は取り扱っている証券会社が少ないですが、投資先としては魅力あふれる株でもあります。

今回はヨーロッパ株の特徴や、取り扱う証券会社をわかりやすく解説。

各証券の手数料についてもあわせてご紹介していますので、ぜひ比較してみてくださいね。

目次

ヨーロッパ株の特徴は?

ヨーロッパ株とは、その名の通り欧州、ヨーロッパの国々の株式のことを指します。

日本からでも取引できるため、ヨーロッパ株も投資先として十分に検討の余地があるといえますね。

欧州の主な取引所には、ロンドン証券取引所・ドイツ取引所・ユーロネクストなどが挙げられます。

他国との貿易が盛んなヨーロッパには、競争力・成長力の高い企業がそろっているところが大きな特徴。

通貨であるユーロは、世界において米ドルに次ぐ基軸通貨です。

海外株に投資するなら、米国株・中国株に並んで魅力のある株式といえるでしょう。

関連記事:初心者向け米国株の買い方を解説!日本株との違いやおすすめネット証券を紹介

ヨーロッパ株を買うのは難しい?

米国株と比べて、ヨーロッパ株を日本で買うのは簡単ではありません。

ヨーロッパ株を取り扱っている証券会社は少なのが現状です。

大手証券会社でなければ、ヨーロッパ株には手を出せません。

ヨーロッパ株に投資したいのであれば、まず「ヨーロッパ株を取り扱っている証券会社」で口座開設する必要があります。

複数の証券会社の中から、自分に合った証券を探しましょう。

証券会社は下記でご紹介していきますよ。

関連記事:米国株銘柄のおすすめ10選!米国株に強いネット証券3社も紹介

ヨーロッパ株を買えるおすすめ証券会社

ヨーロッパ株を購入できる大手証券会社は下記の通り。

  • 野村證券
  • 大和証券
  • SMBC日興証券
  • みずほ証券
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
  • サクソバンク証券

全5社あり、それぞれ強みが異なります。

自分の投資スタイルに合わせて証券会社を選びましょう。

証券会社の特徴を1社ずつ解説していきます。

野村證券

野村證券,TOP

ヨーロッパ株ドイツ
ヨーロッパ株の銘柄数41
他外国株式アメリカ(株式)
香港
オーストラリア
アメリカETF
取引方法店舗・電話・WEB

野村證券は、老舗大手総合証券です。

国内最大手であり、安心感は抜群。

これまで積み上げてきた実績やサポート体制が魅力的です。

対面はもちろん、オンラインの取引にも対応しています。

外国株も、ヨーロッパ株以外にも多様な株式がそろっているのも大きなメリットです。

野村證券で投資できるヨーロッパ株はドイツ株ですが、香港株やオーストラリア株などといった選択肢も見逃せませんね。

ヨーロッパ株に関する情報も豊富

野村證券には、閲覧できるレポートが多いところも嬉しいポイント。

  • Nomura Fund21
  • Nomura21 Global
  • 銘柄ピックアップー話題のテーマからー
  • 野村週報
  • 週刊 野村市場展望
  • 国際金融為替ウィークリー
  • 国際金融為替マンスリー
  • 野村マンスリー投資会議(要約)

またマーケットアウトルックというレポートも要チェックです。

外国株式の取引手法は3つ

野村證券における外国株式の取引手法は以下の通り。

  • 外国株式委託取引
  • 外国株式VWAPギャランティー取引
  • 外国株式国内店頭取引

特に指定しない場合、外国株式委託取引となります。

目的に合わせて使い分けましょう。

関連記事:野村證券の評判・口コミまとめ!実際のメリット・デメリットを解説

大和証券

大和証券,TOP

ヨーロッパ株イギリス
スイス
デンマーク
ノルウェー
スウェーデン
フィンランド
ドイツ
フランス
イタリア
スペイン
オランダ
ベルギー
オーストラリア
ヨーロッパ株の銘柄数
他外国株式米国株
中国株
新興国株式
海外ETF
取引方法店舗・電話

大和証券は、欧州13カ国の株式を取り扱っているところが大きな特徴です。

大手証券の中でもトップクラスの数を誇りますから、選択肢を多くしたい方にオススメ。

他外国株式も豊富であり、新興国株式も扱っています。

株式だけでなくIPO・債券・円預金・外貨預金・ファンドラップオンライン・ファンドラップ・アドバンスラップ・SMAなどさまざまな商品がそろっているため、ヨーロッパ株への投資だけでなくさまざまな投資にチャレンジできますよ。

ヨーロッパ速報

ヨーロッパ市場の情報がわかる「ヨーロッパ速報」が読めるのも大和証券のメリットです。

最新のレポートを確認して、投資に役立てましょう。

こちらの「ヨーロッパ速報」は無料で確認できますよ。

初心者でもわかりやすい内容となっています。

SMBC日興証券

ヨーロッパ株
ヨーロッパ株の銘柄数
他外国株式米国
中国
新興国
オセアニア
取引方法店舗・電話・WEB

SMBC日興証券は、オンライン取引・対面取引の2つから口座を選べる証券です。

外国株式の取り扱いもありますから、世界を代表する優良企業に投資することも可能。

ヨーロッパの主要取引市場に上場する銘柄も取り扱っています。

詳しくは取引店まで問い合わせてみましょう。

日興フロッギーも要チェック

日興フロッギーは、情報メディアと投資取引が一体化したサービス。

記事を読みつつ、そのまま投資することもできる便利さが強み。

投資先に悩みがちな初心者でも、記事という入り口からスタートできますから、取り組みやすくなっています。

100円から株が買える手軽さ、dポイントも使えるお得さが人気ですよ。

関連記事:SMBC日興証券の評判・口コミまとめ!手数料やメリット・デメリットも徹底解説

みずほ証券

みずほ証券,TOP

ヨーロッパ株イギリス
ドイツ
フランス
ヨーロッパ株の銘柄数5
他外国株式米国
中国
オーストラリア
海外ETF
取引方法店舗・電話・WEB

みずほ証券では、ヨーロッパ株も取り扱われています。

現在扱っているのはドイツの5銘柄。

  • BMW
  • シーメンス
  • ドイチェ・テレコム
  • フォルクスワーゲン(優先株)
  • メルセデス ベンツ グループ

気になる銘柄があれば、さっそくみずほ証券で口座開設しましょう。

アプリや公式サイト、YouTubeなどで投資に関する情報を集められるのもみずほ証券のメリットです。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券

三菱UFJモルガン・スタンレー証券

ヨーロッパ株イギリス
スイス
ドイツ
フランス
オランダ
ヨーロッパ株の銘柄数5
他外国株式米国
カナダ
オーストラリア
香港
中国
台湾
シンガポール
マレーシア
インドネシア
海外ETF
取引方法店舗・電話・WEB

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、三菱UFJグループの証券会社です。

外国株式は豊富なため、幅広い選択肢を求めている方にオススメ。

ヨーロッパ株も5カ国そろっています。

  • コンサルティング取引コース
  • ダイレクト取引コース
  • MUFGテラス・コース

上記3種類のコースが用意されていますから、口座開設時に好きなコースを選びましょう。

投資レポートが充実しているのも三菱UFJモルガン・スタンレー証券の強み。

まずはインターネットから資料請求してみてくださいね。

サクソバンク証券

サクソバンク証券,TOP

ヨーロッパ株イギリス
ドイツ
フランス
ヨーロッパ株の銘柄数約1,800
他外国株式米国
中国
香港
取引方法WEB

サクソバンクは海外の証券会社であり、国内株式は取り扱っていません。

業界最多ともいえる11,000銘柄以上の外国株式が大きな強みです。

他にもFXやCFDもありますから、世界の金融市場に興味ある方はチェックしておきたい証券といえます。

ネット証券ですから、店舗や電話での取引といった手間はかかりません。

情報収集は自分の力で行わなければならない点には注意してくださいね。

証券口座は国内のものしか持っていないのであれば、海外の証券口座にも目を向けてみましょう。

関連記事:サクソバンク証券CFDのメリット・デメリット・評判から口座開設方法まで完全ガイド

各証券の手数料を比較!

ヨーロッパ株を取り扱っている各証券の手数料をチェックしていきましょう。

投資をするうえで手数料は忘れずに確認しておきたい要素です。

手数料を抑えられれば、投資もより効率的にできますね。

関連記事:手数料が安いネット証券はどこ?それぞれの証券会社の特徴を徹底比較!

野村證券の手数料

野村証券では、取引方法によって手数料が異なります。

店舗取引の手数料
~71,000円11.00%
~75万円7,810円
~500万円1.0450%
~1,000万円0.8250%+11,000円
~5,000万円0.6160%+31,900円
~1億円0.4180%+130,900円
1億円超0.1980%+350,900円

続いて、オンライン取引の場合の手数料です。

オンライン取引の手数料
~20万円2,389円
~30万円3,142円
~40万円4,274円
~50万円5,405円
~75万円5,866円
~100万円6,160円
~150万円8,045円
~200万円11,817円
~250万円15,420円
~300万円18,857円
~500万円22,125円
~1,000万円36,038円
~2,000万円70,400円
~3,000万円137,447円
~5,000万円188,570円
5,000万円超一律251,429円

関連記事:野村証券の手数料は高い?ネットと店舗の違いや他社との比較

大和証券の手数料

大和証券にはダイワ・コンサルティングコース、ダイワ・ダイレクトコースがありますがどちらも共通の手数料となっています。

~100万円約定代金×0.99000%
~300万円約定代金×0.88000%+1,100円
~500万円約定代金×0.71500%+6,050円
~1,000万円約定代金×0.66000%+8,800円
~3,000万円約定代金×0.55000%+19,800円
~5,000万円約定代金×0.44000%+52,800円
~1億円まで約定代金×0.38500%+80,300円
1億円超約定代金×0.33000%+135,300円

SMBC日興証券の手数料

SMBC日興証券の手数料は、売買金額によって細かく決まっています。

ここでは一部抜粋してご紹介。

~100万円1.265%
200~220万円22,550円
400~425万円42,350円
600~650万円59,950円
1,000~1,100万円90,750円
2,000~2,100万円154,000円
1億~2億円まで423,500円
5億円超1,138,500円

関連記事:SMBC日興証券の手数料を徹底解説!他社との比較やコースごとの違い

みずほ証券の手数料

みずほ証券では、手数料が下記のようになっています。

~55,000円11.0%
~30万円6,050円
~100万円約定代金×1.10000%+2,750円
~300万円約定代金×0.99000%+3,850円
~500万円約定代金×0.88000%+7,150円
~1,000万円約定代金×0.77000%+12,650円
~3,000万円約定代金×0.66000%+23,650円
~5,000万円約定代金×0.55000%+56,650円
~1億円約定代金×0.44000%+111,650円
1億円超約定代金×0.33000%+221,650円

店舗・電話・WEBともに手数料は変わりません。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の手数料

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の手数料は以下の通りです。

現地委託手数料については、その時々によって異なるため、直接取引店まで確認しましょう。

~100万円約定代金×1.10000%
~300万円約定代金×0.99000%+1,100円
~500万円約定代金×0.88000%+4,400円
~1,000万円約定代金×0.77000%+9,900円
~3,000万円約定代金×0.66000%+20,900円
~5,000万円約定代金×0.55000%+53,900円
~1億円約定代金×0.44000%+108,900円
1億円超約定代金×0.33000%+218,900円

サクソバンク証券の手数料

サクソバンク証券の手数料は以下の通り。

ドイツ株取引金額×0.5%(最低手数料:12.0ユーロ)
イギリス株取引金額×0.5%(最低手数料:8.0ポンド)
フランス株取引金額×0.5%(最低手数料:12.0ユーロ)

アメリカ株の手数料は、取引金額×0.2%となっています。

分散投資をするならヨーロッパ株以外にも!

分散投資は、資産運用においてリスク軽減のためにも重要な要素ですよね。

ヨーロッパ株はもちろん、他の投資にも目を向けておきましょう。

ヨーロッパ株以外であれば、他ネット証券も検討するのがオススメ。

それぞれ魅力的なサービスがそろっていますよ。

関連記事:【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

GMOクリック証券

GMO,CFD

総合評価
取引手数料無料
取扱商品株価指数CFD
商品CFD
株式CFD
バラエティCFD
デモ口座あり
口座開設・取引までの日数 最短当日

GMOクリック証券のCFDもおすすめです。

世界中の市場へ投資できますし、少ない資金から始められるところが魅力的。

CFDはさまざまな資産に投資できる金融商品です。

取引手数料は0円、ほぼ24時間取引できる、売りから入ることも可能など今注目を集めています。

もちろん株式もおすすめです。

1日定額プランであれば、取引手数料は最低0円!

取引ツールも高機能なものがそろっていますよ。

\無料ではじめる!/

関連記事:GMOクリック証券の評判・口コミまとめ!人気のFXや手数料についても紹介

SBI証券

SBI証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託2,632件
株式以外債券
FX
CFD
金/銀/プラチナ
先物・オプション
保険
口座開設・取引までの日数最短翌営業日
特徴圧倒的口座数
100万円まで手数料0円
充実のサービス

SBI証券は、総合力の高い証券として人気です。

IPO銘柄数・外国株取扱い国数は主要ネット証券No.1!

米国株式は約6,000銘柄、中国株式は約1,300銘柄と豊富です。

ほかにも韓国・ロシア・ベトナム・シンガポールなど多くの株式が取り扱われているため、海外市場に興味のある方にオススメです。

選べるポイント差ビスを使えば、Tポイントを貯めたり使ったりしながら投資ができますよ。

無料で利用できるマーケット情報も充実しているため要チェックです。

\口座数&総合力No.1!/

関連記事:SBI証券の評判・口コミ!実際のところどうなのか利用者の声から徹底解説

松井証券

松井証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託1,580件
株式以外FX
先物・オプション
口座開設・取引までの日数最短3日
特徴使い勝手の良いツール
お得な手数料
手厚いサービス

松井証券は創業100年の歴史ある証券会社です。

2022年からは米国株の取り扱いも始まり、より投資の幅が広がっています。

松井証券で特におすすめしたいのは投資信託。

購入時手数料は無料ですし、ロボアドバイザーのサービスも人気です。

8個の質問に答えるだけで、最適なポートフォリオを提案してもらえるほか、実際に商品を提案してくれたり、定期的に見直しをしてくれたりするロボアドバイザーがサポートしてくれますよ。

積立投資なら、投資初心者でも取り組みやすいですね。

\無料ではじめる!/

関連記事:松井証券の評判・口コミまとめ!手数料や投資信託についても解説

マネックス証券

マネックス証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託1,235件
株式以外債券
FX
先物・オプション
金・プラチナ
口座開設・取引までの日数 最短翌営業日
特徴100円から始められる
米国株に強い
お得なマネックスポイント

マネックス証券では、米国株・中国株あわせて6,000銘柄以上が取り扱われています。

手ごろな手数料と、充実したサポートが大きな強み。

1株から購入できるワン株や、米国株デビュー応援プログラムによる最大3万円のキャッシュバックなど初心者に嬉しいサービスが目白押しです。

マネックス証券の米国株は時間外取引にも対応していますし、米国株・ETFの積立投資もできますから資産形成もしやすいですよ。

\無料ではじめる!/

関連記事:マネックス証券の評判・口コミまとめ!米国株やIPOの人気についても解説

ヨーロッパ株でよりよい資産運用を!

ヨーロッパ株を投資の選択肢に入れておけば、リスクの分散ができます。

気になる銘柄がないか、ヨーロッパ株を扱う証券会社をチェックしてみましょう。

外国株であれば、主要ネット証券でも投資が可能です。

国内だけでなく、海外の株式市場にも投資をしてみてくださいね。

関連記事:高配当株で配当金生活も夢じゃない!高配当株の選び方&儲けワザ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

\マンガの続きを読む/

コメント

コメントする

目次