【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

GMOクリック証券の評判・口コミまとめ!人気のFXや手数料についても紹介

GMOクリック証券の評判・口コミまとめ!人気のFXや手数料についても紹介-アイキャッチ

GMOクリック証券の評判や口コミについて紹介しながら、特徴についても分かりやすく解説します。

「FXを始めるならやっぱりGMOクリック証券が良いのかな?」
「GMOクリック証券が人気の理由でもある手数料やツールについて詳しく知りたい!」

GMOクリック証券に関して上記のような疑問を持つ方もいますよね。

GMOクリック証券の口コミや評判から、実際のメリット・デメリットまで詳しく解説します。

記事の後半ではGMOクリック証券の始め方についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

本記事の内容 :

GMOクリック証券の評判やメリット・デメリットを知りたい方向け

  • 口コミ・評判
  • メリット・デメリット
  • よくある質問

\無料ではじめる!/

目次

GMOクリック証券とは?

GMOクリック証券

GMOクリック証券の基本情報は以下の通りです。

名称GMOクリック証券
ツールPC・スマホ
取引サービス
  • 株式取引
  • 投資信託
  • 先物オプション
  • FX
  • 外為オプション
  • CFD
  • NISA
  • 債券
購入手数料0円(投資信託)
最低取引額100円(投信積立)
取引手数料0円~(現物取引)

GMOクリック証券は、2020年のFX取引高が世界第1位!

業界トップクラスの人気を誇るネット証券です。

FXだけでなく、株や投資信託の取引もおこなえます。

いずれのサービスにおいても、スプレッドが狭く、手数料も安いです。

国内株取引の手数料プランは、以下の2種類となっています。

  1. 1日定額プラン
  2. 1約定ごとプラン

株やFXの取引コストをおさえたい人におすすめの証券会社です。

\無料ではじめる!/

※ファイナンス・マグネイト社による調査

関連記事 : 【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

GMOクリック証券の口コミ・評判

GMOクリック証券の口コミ・評判

では、GMOクリック証券の口コミ・評判について紹介します。

良い口コミ・評判、悪い口コミ・評判の両方を把握しておくと、自分に合うかどうか分かりますよ。

まずは良い口コミ・評判です。

GMOクリック証券の良い口コミ・評判

女性の口コミ

チャートが見やすい!

しもつき(女性/30代)

★★★★★ 

4点

GMOクリック証券のチャートは見やすいのは嬉しい。テクニカルにも精通しているので、チャート分析がしやすいのは良いと思う。チャート分析がしやすいと聞いていたけど、想像以上だったので非常に便利。
男性の口コミ

スマホアプリが使いやすい!

からあげ(男性/20代)

★★★★★ 

4点

GMOクリック証券はスマホアプリも使いやすくて良い。片手で手軽に利用できるのに、分析や機能性も充実していて非常に使いやすい。また、スマホアプリの注文が1クリックでできるのは嬉しい。
女性の口コミ

キャンペーンが豊富!

みかん(女性/30代)

★★★★★ 

5点

GMOクリック証券はキャンペーンが豊富なので、楽しみながら利用できる。大手証券会社なので信用もできるから、口座を作っておいて損はないと思う。投資を始めようとしている人におすすめ。
男性の口コミ

手数料が安い!

荒木(男性/50代)

★★★★★ 

5点

GMOクリック証券は手数料が安いから使っている。手数料の安さには満足できるから利用し続けるつもり。NISA口座の取引はずっと手数料が無料なので嬉しい。取引コストをなるべく抑えたいからありがたい。

GMOクリック証券の良い口コミ・評判をまとめると、以下の通りです。

  • チャートが見やすい
  • スマホアプリが使いやすい
  • キャンペーンが豊富で楽しい
  • 手数料が安い

特に手数料の安さは、GMOクリック証券の非常に優秀なポイント。

株でもFXでも、余計なコストをかけずに取引できます。

GMOクリック証券の悪い口コミ・評判

男性の口コミ

最低取引単位が高い…

N(男性/40代)

★★★★★ 

3点

GMOクリック証券は裁定取引単位が高いのが残念。1万通貨からだと、初心者は始めにくいと感じる。他社だともっと安いから変えるか検討している。
男性の口コミ

FXの情報が少ない…

ふりすく(男性/30代)

★★★★★ 

3点

GMOクリック証券では、FXの情報量が少ないから不安。情報を仕入れる機会が限られているので、情報量が多い他社とも比較すると利用するか悩む。
女性の口コミ

つみたてNISAがない…

キイロ(女性/50代)

★★★★★ 

2点

GMOクリック証券には、NISAやジュニアNISAはあるのに、つみたてNISAがないのが残念。つみたてNISAを始めたいと思っていたから他の証券会社と併用するつもり。

GMOクリック証券の悪い口コミ・評判をまとめると、以下の通りです。

  • 最低取引単位が高い
  • FXの情報が少ない
  • つみたてNISAがない

GMOクリック証券は手数料が安いいっぽう、「情報量が少ない」「つみたてNISAがない」といった不満の声が挙がっています。

GMOクリック証券のメリット

GMOクリック証券のメリット

では、GMOクリック証券のメリットについて詳しく解説します。

GMOクリック証券はFXにおいて非常に人気の高いネット証券ですが、他にも人気に繋がるメリットはたくさんあります。

今回紹介するGMOクリック証券のメリットは以下の9つです。

それぞれ詳しく解説します。

  1. 手数料が安い
  2. 使いやすいツールが揃っている
  3. サポート体制が充実している
  4. FX取引高が世界1位
  5. 投信積立で100円から投資可能
  6. 情報量が充実している
  7. くりっく株365ができる
  8. 貸株サービスで金利を受け取れる
  9. ネット銀行との口座連携で普通預金金利が110倍!

メリット①手数料が安い

GMOクリック証券の現物取引や信用取引の手数料には、以下の2つのプランがあります。

  1. 1日定額プラン
  2. 1約定ごとプラン

1日定額プランの現物取引手数料は以下の通りです。

約定代金手数料
~100万円0円
~200万円1,238円
~300万円1,691円
300万円超以降100万円ごとの加算金額295円

1約定ごとプランの現物取引手数料は以下の通りです。

約定代金手数料
~5万円50円
~10万円90円
~20万円100円
~50万円260円
~100万円460円
~150万円550円
~3,000万円880円
3,000万円超930円

1日100万円以内におさまる取引を行う方であれば、手数料が無料なので非常にお得ですね。

1日の取引金額がどれくらいなのか計算して、自分に合った手数料プランを選びましょう。

もちろん取引のない日は手数料がかからず、2つのプランは切り替え可能です。

手数料プランの変更は、変更した翌営業日から適用されます。

上記のように、GMOクリック証券は手数料が安いので、無駄なコストをかけずに取引を行いたい方におすすめですね。

GMOクリック証券の手数料を他社と比較

「手数料の相場が知りたい」という人は、以下の比較表を参考にしてください。

1日の約定代金合計で手数料が決まるプランでは、各社次のような手数料設定になっています。

証券会社取引100万円取引200万円
GMOクリック証券0円1,238円
岡三オンライン0円1,430円
SBI証券0円1,238円
楽天証券0円2,200円
松井証券1,100円2,200円
SMBC日興証券
立花証券990円1,760円
DMM.com証券
auカブコム証券0円2,200円

GMOクリック証券の1日定額プランは、他社と比べてもかなり手数料が安いです。

200万円以上取り引きをした場合の上げ幅も控えめで、コスト重視の人にはとてもおすすめできます。

いっぽう1約定ごとに手数料が発生するプランは、以下の通りです。

証券会社取引5万円取引30万円取引50万円
GMOクリック証券50円260円260円
岡三オンライン108円385円385円
SBI証券55円275円275円
楽天証券55円275円275円
松井証券
SMBC日興証券137円275円440円
立花証券55円264円264円
DMM.com証券55円198円198円
auカブコム証券55円275円275円

GMOクリック証券の1約定ごとプランも、業界トップクラスの手数料の安さです。

手数料が安いことで知られているSBI証券より、さらに安く設定されています。

メリット②使いやすいツールが揃っている

GMOクリック証券には、取引ツールが豊富でPCだけでなくスマホにも対応しています。

主なツールには以下のものがあります。

ツール特徴対応
スーパーはっちゅう君リアルタイム分析や板注文といった豊富な機能と使いやすさや投資情報にも着目したツールPC
はっちゅう君FXプラス操作性を重視した即時注文も可能な取引ツールPC
プラチナチャートFXネオとCFDに対応していて表示したい銘柄を選択可能PC
GMOクリック株登録銘柄の情報をまとめて確認できチャート上からそのまま注文可能スマホ
GMOクリックFXneoテクニカル分析や損益の確認など充実した機能の取引アプリスマホ

GMOクリック証券の上記のツールは無料で利用できるので嬉しいですね。

また、GMOクリック証券のツールは使いやすいと評判も良く、高性能な取引ツールが揃っています。

スマホのアプリも数多くあるため、忙しい方でも通勤時間などすきま時間を活用して気軽に利用できますよ。

スマホアプリがあることで、チャンスも逃さず取引を行えるのは嬉しいですね。

上記のツール以外にも多くの取引ツールがあるので、事前に確認して自分に合った取引ツールを選びましょう。

メリット③サポート体制が充実している

GMOクリック証券はサポート体制が充実しています。

手続きからツールの使い方などあらゆる疑問を解決してくれるので、初心者の方でも安心して利用できますね。

GMOクリック証券の問合せ方法は以下の2つです。

  1. 電話
  2. お問い合わせフォーム

電話での問合せ受付時間は以下の通りです。

商品電話受付時間
  • 株式取引
  • 投資信託取引
  • 先物オプション取引
  • 債券取引
  • maneo取引
  • 銀行代理業
月曜日~金曜日 8:00~18:00
  • FX取引
  • CFD取引
  • 外為オプション取引
  • 株価指数バイナリーオプション取引
月曜日7:00~土曜日7:00

上記の通り、FXやCFDに関しては24時間電話対応可能なので、夜間の取引も安心して行えます。

メールでの問合せも24時間サポート体制が整っていて、HDI格付け調査「問い合わせ窓口/Webサポート部門」では、最高評価の三つ星を獲得しています。

24時間サポートしてもらえることは貴重なので、どなたでも時間をきにせず問い合わせられるのは嬉しいメリットですね。

また、サポートは24時間無料なのでコストを気にせず頼れますよ。

公式ホームページには、コールセンターの着信状況が詳しく記載されているので、繋がりやすい時間を狙って問い合わせましょう。

特に初心者の方だと分からない事も多いと思うので、非常に心強いですね。

メリット④FX取引高が世界1位

GMOクリック証券は、FX取引高が世界1位という実績があります。

そのため、FXを始めたい方には信用できる大きいメリットですね。

GMOクリック証券のネオFX取引の魅力は以下の通りです。

  • 業界最小水準のスプレッド
  • 高金利スワップ

GMOクリック証券のネオFX取引では、原則固定の業界最小水準のスプレッドなので、コストを抑えて取引ができます。

スプレッドの狭さについての良い評判も多く、GMOクリック証券がFXで人気が高い理由の1つですね。

スプレッドには、通常モードと大口モードがあるので、事前に確認しておきましょう。

また、高金利スワップでお得に利用できることも特徴です。

高金利通貨を売り低金利通貨を買うことで、スワップポイントを受け取れるので、スワップポイントを狙えます。

取引ツールもPCとスマホに対応しているので、自分の生活スタイルに合わせて柔軟に取引を行えますよ。

メリット⑤投信積立で100円から投資可能

GMOクリック証券の投信積立は100円から可能です。

また、販売手数料がかからないノーロード商品の取り扱いも多いため、コストをおさえて長期間の投資が可能です。

投資信託は種類も多く、どれが良いか選べないという方も多いですが、GMOクリック証券では、低コストで積立に向いている商品を厳選して取り扱っています。

そのため、選ぶ手間や悩みも簡単に解決して、自分に合った商品が見つけやすいですよ。

少額から積み立てていけるので、初心者の方や投資資金が少ない方でも気軽に始められるのは嬉しいですね。

さらに、メール通知サービスや投信積立の銀行引落しサービスなど、長期間続けられるサポート体制も整っています。

画面操作もシンプルなので、どなたでも安心して始められますよ。

メリット⑥情報量が充実している

GMOクリック証券では、初心者の方から経験者の方まで、全ての方に役立つ豊富な投資情報を無料で確認できます。

主な投資情報サービスには以下のものがあります。

  • 投資チャンネル
  • 財務分析
  • かんたん銘柄診断
  • 銘柄スクリーニング
  • アナリストレポート
  • 国内から海外までのマーケット情報

他にも投資情報は多くあり、一人一人のニーズや目的に合わせて情報を簡単に手に入れられます。

銘柄選びに悩んでいる初心者も、取扱銘柄について検索したい経験者も、簡単に情報を得られるのは非常に便利ですね。

取引をスムーズに進めるためにも、投資情報をチェックして有効活用しましょう。

ちなみに、松井証券もサポート体制が整っていますよ。

関連記事 : 松井証券の評判・口コミまとめ!手数料や投資信託についても解説

メリット⑦くりっく365ができる

くりっく株365(引所CFD)とは、日本で唯一の公的な取引所による、株価指数証拠金取引です。

国内外の株価指数や、ETFが取引の対象となっています。

価格の値上がり値下がりを予想して収益を狙う、やや上級者向けの投資です。

「株や投資信託は取り扱っているけど、くりっく株365は取り扱っていない」という会社も多いので、興味がある人にとっては嬉しいですね。

くりっく365ができるのは、GMOクリック証券のほかに、以下のような証券会社・FX会社があります。

  • SBI証券
  • auカブコム証券
  • 岡三オンライン
  • インヴァスト証券
  • 岩井コスモ証券
  • AIゴールド証券
  • FXブロードネット
  • 外偽オンライン
  • サンワード貿易
  • 住信 SBI ネット銀行
  • 大和証券
  • 立花証券
  • 日産証券
  • フジトミ証券
  • 豊トラスティ証券
  • ひまわり証券

メリット⑧貸株サービスで金利を受け取れる

GMOクリック証券には、貸株サービスがあります。

これは、自分が保有している株をGMOクリック証券に貸し出すことで、金利を受け取れるサービスです。

「株を貸してしまうと、売却したい時に困るんじゃないの?」と思いになるかもしれませんが、貸株サービスを利用していても、好きな時に売却が可能です。

返却時の手続きは必要ありません。

手数料も無料です。

GMOクリック証券は比較的シンプルなサービス内容の証券会社なので、取り扱っていない商品も多いのですが、貸株サービスがあるのは嬉しいですね。

貸株サービスがある証券会社を比較

貸株サービスはGMOクリック証券独自のものではなく、SBI 証券や楽天証券松井証券も取り扱っています。

証券会社ごとに、同じ銘柄でも貸株金利が違うので、金利が高い証券会社を利用した方がお得です。

  • GMO クリック証券…0.10%~14.0%
  • SBI証券…国内株式0.10%~17.0%、米国株式0.01%~2.0%
  • 楽天証券…0.10%~17.25%
  • 松井証券…0.20%~5.0%
  • マネックス証券…0.10%~8.0%
  • auカブコム証券…0.02%~14.5%

GMOクリック証券の貸株金利は、業界の中でも高いです。

しかも貸株金利1%以上の銘柄数は、ネット証券6社の中で一番多くなっています。

ただGMOクリック証券には、基準日に貸株サービスを一旦解除して、株主優待や決議権が得られるように自動で調整してくれるサービスがありません。

自分で手続きすれば問題ありませんが、忘れてしまったり、面倒に感じたりする可能性があるでしょう。

メリット⑨ネット銀行との口座連携で普通預金金利が110倍!

「リスクを冒さずにお金を増やしたい」という人に朗報です。

GMOクリック証券とGMOあおぞらネット銀行の両方で口座を作ると、「証券コネクト口座」が利用できるようになります。

GMOあおぞらネット銀行の通常の普通預金金利は0.001%と、決して高くありませんが、証券コネクト口座を利用すると0.11%※にアップ。

他社と比較して、高金利になります。

証券コネクト口座を利用しなかった場合と比べると、実に110倍の金利です。

株や投資信託など、投資では元本割れのリスクがつきものですが、普通預金では基本的に元のお金が減ってしまうリスクはほとんどありません。

GMOクリック証券で口座を作るなら、ぜひGMOあおぞらネット銀行でも口座を作って、連携させるといいでしょう。

GMOあおぞらネット銀行の申込手数料や年会費は、一切かかりません。

預金の金利は平均どのくらい?

参考までに、他の銀行では預金金利がどうなっているかご紹介します。

メガバンクの普通預金では、金利0.001%程度であることが多いです。

※税引後:年0.0876%

GMOクリック証券のデメリット

GMOクリック証券のデメリット

では、次にGMOクリック証券のデメリットについて解説します。

メリットをみてすぐに決めるのではなく、デメリットも把握して本当に自分に合っているのか考えましょう。

GMOクリック証券のデメリットは主に以下の7つです。

  1. つみたてNISAがない
  2. FXは少額からできない
  3. IPO銘柄をほぼ取り扱っていない
  4. 外国株の取り扱いがない
  5. 単元未満株の買付ができない
  6. 国内株は東証上場銘柄しか取り扱っていない
  7. 投資信託の本数が少なくポイント制度もない

デメリット①つみたてNISAがない

GMOクリック証券には、つみたてNISAありません。

NISAやジュニアNISAはありますが、つみたてNISAは取り扱っていないので気をつけましょう。

NISA口座でも、少額からの投資ができ税金や手数料をかけずに利用できますが、どうしてもつみたてNISAが良い方は、他の証券会社を選びましょう。

また取り扱い予定も未定なので、今後に期待するのも効率が悪いでしょう。

つみたてNISAは投資初心者に人気が高く、利用している方も多いので、取扱がないことはデメリットですね。

デメリット②FXは少額からできない

GMOクリック証券のFXネオでは、原則として取引単位は1万通貨が1取引単位となっています。

他の証券会社であれば1,000通貨が取引単位となっていることが多く、少額なとこであれば1通貨や100通貨が取引単位となっているとこもあります。

そのため1万通貨が取引単位のGMOクリック証券は、少額からの取引ができないので、気をつけましょう。

スプレッドやスワップについては高水準ですが、最低取引単位が高いので、メリットとデメリットを比較して検討することがおすすめです。

また、GMOクリック証券のFXでは情報量が少なめなので、知識が少ない方や初心者の方だと難しく感じる可能性もあります。

少額でFXを始めたい方や、FXの情報を多く取り入れたい方は他の証券会社を選ぶのもおすすめです。

ちなみに楽天証券はつみたてNISAが豊富です。

関連記事 : 楽天証券の評判・口コミまとめ!ポイント投資や手数料も解説

デメリット③IPO銘柄をほぼ取り扱っていない

GMOクリック証券は2021年に、IPO銘柄をたったひとつしか取り扱いませんでした。

まったく取り扱いがない年もあります。

IPOとは?

新規上場銘柄のこと。

低リスクで成長企業に投資できるため、人気があります。

IPO銘柄は誰でも買えるわけではなく、抽選です。

平等な抽選をおこなっている証券会社もあれば、資産が多い投資家ほど優遇される証券会社もあります。

IPO銘柄に興味がある人は、「GMOクリック証券はそもそも募集がほとんどない」とがっかりしてしまう可能性があります。

IPO銘柄数を他社と比較

ちなみに各社の2021年IPO取り扱い実績は、以下の通りです。

証券会社口座数IPO取扱実績事前入金抽選方法
GMOクリック証券49万1社必要1口座1票
岡三オンライン29万47社不要ステージ制
SBI証券801万122社必要1口1票
楽天証券714万74社必要1口1票
マネックス証券219万65社必要1口座1票
松井証券139万56社不要1口1票
SMBC日興証券376万81社必要ステージ制
野村證券534万64社不要1口1票
DMM.com証券非公開5社不要1口座1票
auカブコム証券142万42社必要1口座1票

資産が少なくてもできるだけ当選確率を上げたいなら、取り扱っている銘柄数に対して口座数が少ない証券会社や、抽選方法が「1口座1票」や「1口1票」の証券会社を選ぶといいでしょう。

GMOクリック証券はIPOの穴場説も

IPO取り扱い数が少ないGMO証券ですが、実はまれに取り扱った際の当選確率は、「意外と高い」という口コミもあります。

当選確率が高いと言われる理由
  • GMOグループのIPO銘柄は、配分が多い
  • IPO狙いのライバルが少ない
  • IPOの取り扱いが他の証券会社より遅い
  • 1口座1票の平等な抽選をおこなっている

GMOクリック証券がIPO銘柄を取り扱うときは、GMOグループのネット関連会社が多いです。

そのため他の証券会社よりも配分が多く、当たりやすくなると言われています。

またIPO目当ての投資家が少なく、競争率が低いのもポイントです。

ただ、そもそも募集が滅多にないと、いつまでも待つことになります。

GMOクリック証券のIPO抽選は、「機会があったら挑戦する」程度に考えたほうがいいでしょう。

デメリット④外国株の取り扱いがない

GMOクリック証券は、外国株を取り扱っていません。

しかし以下の証券会社であれば、米国株や中国株も購入できます。

証券会社米国株中国株
auカブコム証券約1,800銘柄×
マネックス証券約5,300銘柄約2,600銘柄
SBI証券約5,900銘柄約1,300銘柄
楽天証券約5,200銘柄約1,500銘柄
サクソバンク証券約6,000銘柄約2,500銘柄

国内株は手数料が安いGMOクリック証券、外国株はSBI証券やマネックス証券、と使い分けるのがおすすめです。

ちなみに海外の株は、日本から買えるものと、買えないものがあります。

米国株や中国株は比較的取り扱っている会社が多いですが、インドやイギリスなどの個別株を、日本の証券会社から直接買うのは難しいです。

しかしARD(米国預託証券)という、日本から購入できない国の株を、米国経由で実質的に保有できるシステムがあります。

残念ながら、GMOクリック証券はARDの取り扱いがありません。

楽天証券やマネックス証券なら、ARDを取り扱っています。

関連記事:マネックス証券の評判・口コミまとめ!米国株やIPOの人気についても解説

デメリット⑤単元未満株の買付ができない

GMOクリック証券では、単元未満株の買付ができません。

単元未満株とは?

株は通常、100株単位で売買します。

しかし中には、1株から売買できる証券会社も。

このような100株に満たない株を、「単元未満株」と呼びます。

GMOクリック証券のコールセンターに電話すれば、他社で購入した単元未満株の売却・買取請求はできます。

しかしインターネットで売却できない・買付はできないというのは不便です。

欲しい株があっても、「100株単位だと高くて買えない」ということが起こりかねません。

デメリット⑥国内株は東証上場銘柄しか取り扱っていない

GMOクリック証券は国内株のうち、東証上場銘柄しか取り扱っていません。

以下のような地方の証券取引所にしか上場していない銘柄は、取引できないので、他社と比べて選択肢の面では少し不利です。

  • 名証(名古屋証券取引所)
  • 札証(札幌証券取引所)
  • 福証(福岡証券取引所)

とはいえ、上記の地方証券取引所と東京証券取引所に重複して上場している企業も多いです。

ちなみにSBI証券やマネックス証券、松井証券なら、上記の地方証券取引所に単独上場している銘柄も取引できます。

人気の楽天証券は、札証と福証の単独上場銘柄を取り扱っていません。

デメリット⑦投資信託の本数が少なくポイント制度もない

GMOクリック証券は、投資信託の商品数が約130本と、かなり少ないです。

いっぽう他の大手証券会社では、下記の通り、数千本の選択肢があります。

証券会社投信銘柄数積立対応数購入手数料解約手数料
マネックス証券1,510本1,196本無料商品によって変動
SBI証券2,673本2,487本無料基準価格の最大3.5%
楽天証券2,673本2,517本無料商品によって変動
松井証券1,5811,564本無料基準価格の最大0.5%
auカブコム証券1,465本1,484本無料商品によって変動
野村證券981本622本商品によって変動商品によって変動
SMBC日興証券1,087本822本商品によって変動商品によって変動
岡三オンライン786本536本無料※商品によって変動

投資信託の商品数が少ないGMOクリック証券では、理想的なファンドを見つけられない可能性があるでしょう。

ポイントシステムがない

また以下の証券会社には、「投資信託を保有しているだけで、運用額に応じて自然とポイントがたまる→そのポイントで投資信託の購入ができる」というシステムがあります。

証券会社指定のクレジットカードで積み立て投資をすると、さらにポイント還元率が上がる場合もあり、このような証券会社は非常におすすめです。

投資信託でポイントがたまる各社の還元率を、以下にまとめました。

証券会社クレジットカードクレカ積立投信保有(年率)
マネックス証券マネックスカード1.1%0〜0.08%
SBI証券三井住友カード(NL)0.5~2.0%0.02〜0.25%
楽天証券楽天カード0.2~1.0%
auカブコム証券au PAYカード1.0%0.005〜0.12%
松井証券{税抜代行手数料−0.3%}×1.1

株式売買でポイントがたまる証券会社もありますが、微々たるポイントしか貯められない場合がほとんどです。

投資信託のクレカ積立のほうがお得度は高いですよ。

GMOクリック証券には、上記のようなポイントシステムがありません。

他社でも取り扱っている投資信託を、あえてGMOクリック証券で購入するメリットは少ないです。

GMOクリック証券がオススメな人

これまで、GMOクリック証券のメリットやデメリットについて詳しく紹介しました。

しかし、実際どのような人にGMOクリック証券が合うのか疑問に思う方もいますよね。

そこでこのトピックではGMOクリック証券がおススメな方について以下の5つの特徴を紹介します。

悩んでいる方もぜひ参考にしてみてください。

  • 手厚いサポートを受けたい方
  • スマホから取引を行いたい方
  • コストを抑えた取引を行いたい方
  • FXに力を入れたい方
  • 少額投資を始めたい方

手厚いサポートを受けたい方

GMOクリック証券は、電話やメールによるサポート体制が整っているので、手厚いサポートを受けたい方におすすめです。

特にFXやCFDであれば24時間電話受付をしているので、安心夜間や早朝でも安心して利用できます。

他の証券会社であれば日中の電話対応しか受け付けていない場合も多いので、自分の生活スタイルに合わせて電話問合せが可能なのはありがたいですね。

電話対応も丁寧だという評判もあるので、初心者も気軽に利用できますよ。

スマホから取引を行いたい方

GMOクリック証券の取引ツールにはスマホアプリも充実しています。

そのため、普段忙しい方や外出先で気軽に取引を行いたい方におすすめですよ。

GMOクリック証券のスマホアプリは使いやすいという口コミも多く、ワンクリックで注文できることが特徴です。

また、スマホアプリでも十分な分析ができ、機能性も高いのでスマホでも満足のいく取引が可能です。

普段スマホ使う機会が多い方、パソコンで取引を行える余裕がない方、スマホの操作が楽な方にはぴったりですよ。

コストを抑えた取引を行いたい方

GMOクリック証券は、手数料が安くスプレッドも狭いため、コストを抑えたい方におすすめです。

特に、現物取引や信用取引では、1日定額プランであれば100万円まで手数料が無料です。

そのため、現物100万円と制度信用100万円、一般信用100万円合わせて最大300万円まで手数料が無料なので、非常にお得ですね。

GMOクリック証券は、業界最安値水準なので100万円以内の取引しか行わない方であればコストを抑えた取引が可能です。

また、FXのスプレッドの狭さにも良い評判が多いので、無駄なコストをかけたくない方におすすめですよ。

FXに力を入れたい方

GMOクリック証券は、ファイナンス・マグネイト社による調べで2020年のFX取引高が世界第1位という実績があります。

そのため、FXに力を入れたい方にはおすすめのネット証券です。

FXの取引ツールも高機能で使いやすく、アプリもあるので外出中にも気軽に利用できます。

また、GMOクリック証券の公式ホームページには「FX初心者向け入門ページ」があるので、はじめての方も安心して利用できますよ。

ちなみに、「FX初心者向け入門ページ」では以下のことが分かります。

  • FXの魅力
  • FXのキホン
  • 取引のポイント
  • 用語集

少額投資を始めたい方

GMOクリック証券の投信積立は100円から投資できるので、少額から始めたい方におすすめです。

投資資金が少ない方や初心者の方でも安心して始めやすいですね。

また、少額投資であれば手数料も無料で利用できるのでコストも抑えられます。

しかし、FXの場合取引単位は1万通貨が1取引単位となるので、比較的高めの設定になっています。

そのため、FXの取引の場合少額から始められないので気をつけましょう。

関連記事 : 【初心者必見】おすすめ資産運用5選!少額から始められる方法をご紹介

GMOクリック証券の始め方

GMOクリック証券始め方

上記では、GMOクリック証券がおススメな人について詳しく紹介しました。

中にはGMOクリック証券が自分に合っていると感じた方もいると思います。

そこでこのトピックではGMOクリック証券をいざ始めたいという方に向けて、始め方を詳しく解説します。

GMOクリック証券で口座開設をして投資を始める手順は以下の通りです。

  1. 口座開設申込み
  2. 必要書類提出
  3. 口座開設完了
  4. 入金
  5. 取引開始

GMOクリック証券では、無料で口座開設できます。

STEP1 : 口座開設申込み

GMOクリック証券の申込の際には本人確認書類が必要なので、事前に準備しておきましょう。

口座開設をする際は、以下の2つの口座から選べます。

  1. 証券取引口座
  2. FX専用取引口座

「証券取引口座」では全ての取引が行えるので、今回は「証券取引口座」の開設手順を紹介します。

FXや外為OPの取引口座をはやく開設したい方は、「FX専用取引口座」を開設しましょう。

証券取引口座は最短2営業日後から取引を開始できます。

かんたん口座開設フォームに必要事項を記入して送信するだけで、申込が完了するので、申込書も不要です。

入力する住所は、提出する本人確認書類と同じ住所であることを確認しましょう。

また、初回ログイン時に初期設定も必要になります。

申込が完了すると、必要書類の提出です。

STEP2 : 必要書類提出

必要書類は以下の通りです。

  • 本人確認書類
  • マイナンバー

それぞれの詳細については後ほど紹介します。

必要書類の提出方法は以下の4つがあります。

  1. スマホでスピード本人確認
  2. アップロード
  3. 郵送
  4. ICカードリーダー

では、それぞれの詳しい手順を解説するので、自分に合った方法を選びましょう。

スマホでスピード本人確認

スピード本人確認では以下の本人確認書類1点とマイナンバーの提出が必要です。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 在留カード

マイナンバー

  • 通知カード
  • 個人番号カード
  • 住民票の写し

スピード本人確認での必要書類の提出方法は以下の通りです。

  1. 口座開設ナビにログインする
  2. スマホでスピード本人確認の案内画面を開く
  3. 案内に沿って進める
  4. 本人確認書類と自分の顔をスマホで撮影する
  5. 口座開設ナビからマイナンバーをアップロードする

上記の流れで提出が完了です。

最短での取引開始を希望する方は、スピード本人確認を利用しましょう。

アップロード

アップロードでは以下の顔写真ありの本人確認書類1点または顔写真なしの本人確認書類2点と、マイナンバーの提出が必要です。

顔写真ありの本人確認書類

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

顔写真なしの本人確認書類

  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書

マイナンバー

  • 通知カード
  • 個人番号カード
  • 住民票の写し

アップロードでの必要書類の提出方法は以下の通りです。

  1. 口座開設ナビにログインする
  2. アップロード送信タブから提出画面を開く
  3. 画面の案内に沿って本人確認書類とマイナンバーをアップロードする

上記の流れで提出が完了です。

郵送

郵送でも顔写真ありの本人確認書類1点または顔写真なしの本人確認書類2点と、マイナンバーの提出が必要です。

本人確認書類とマイナンバーの詳細は、アップロードと同じになります。

郵送での必要書類の提出方法は以下の通りです。

  1. 公式ホームページの提出方法の画面にアクセスする
  2. 郵送の提出方法にある「送付用ラベル」をプリントする
  3. プリントした送付用ラベルを定型封筒に貼り付ける
  4. 本人確認書類とマイナンバーを郵送する

上記の流れで提出が完了です。

ICカードリーダー

ICカードリーダーで必要な書類は「個人番号カード」のみです。

個人番号カードとICカードリーダーを用意しておきましょう。

ICカードリーダーでの必要書類の提出方法は以下の通りです。

  1. 口座開設ナビにログインする
  2. ICカードリーダーによるマイナンバー提出に進む
  3. 提出画面を開く
  4. ICカードリーダーと個人番号カードを準備する
  5. 画面の案内に沿ってICカード認証を行う

上記の流れで提出が完了です。

ICカードリーダーでの必要書類提出は、PCからのみでスマホからはできないので気をつけましょう。

STEP3 : 口座開設完了

必要書類の提出が終わり、審査も終わると口座開設が完了します。

ちなみに、土日祝や年末年始、時間帯、審査状況によって時間がかかる場合もあるので把握しておきましょう。

口座開設手続完了の案内の送付方法は、必要書類の提出方法によって異なります。

「スマホでスピード本人確認」や「ICカードリーダー」での手続きの場合は、審査完了後メールで「開設完了のご案内」が届きます。

メールの記載内容を確認し、ログインパスワードなどの設定を行いましょう。

設定が完了すると口座情報がメールで送られます。

「アップロード」や「郵送」での手続きの場合は、審査終了後「口座開設手続完了のご案内」が簡易書留郵便で届きます。

「口座開設手続完了のご案内」には、ユーザーIDやログインパスワードが記載されているので無くさないように大切に保管しましょう。

上記の流れが終わると、口座開設完了です。

PC会員ページから初回ログインをして、初期設定の登録を行いましょう。

STEP4 : 入金

GMOクリック証券は完全前受制のため、取引の際買付相当金額の入金が必要です。

そのため、口座開設が終わったら入金の手続きを行いましょう。

GMOクリック証券の入金には以下の方法があります。

  1. 即時入金
  2. 振込入金

他にも、証券コネクト口座からの入金や、投資信託の自動引き落としサービスもあるので、該当する方は確認してみましょう。

では上記の2つの入金方法について詳しく紹介します。

即時入金

即時入金は、GMOクリック証券会員ページ内で手続きできます。

PCからもスマホからも可能なので、自分の使いやすい方法で行えますよ。

手数料は無料で、入金はリアルタイムで反映されます。

事前に提携金融機関でインターネットバンキングの契約が必要なので、忘れないようにしましょう。

即時入金サービスの提携金融機関は以下の通りです。

  • あおぞらネット銀行
  • 楽天銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • PayPay銀行
  • みずほ銀行
  • セブン銀行
  • りそな銀行
  • イオン銀行

振込入金

振込入金は、銀行窓口やATMから手続きを行えます。

手数料は自己負担で、GMOクリック証券が入金を確認後に反映されます。

振込専用の口座が一人一人に用意されているので、確認しましょう。

STEP5 : 取引開始

入金が終わると取引を開始できます。

最初は少額から始めることが大切ですよ。

GMOクリック証券には、100円から始められる投信積立があるので、初心者の方はぜひ利用してみましょう。

また、投資の知識がない方は、投資情報から少しずつ勉強することがおすすめです。

投資についての知識を身につけた上で投資を始めると安心ですよ。

GMOクリック証券では、お客さまサポートも整っているので、相談や不安があればすぐに問い合わせましょう。

関連記事 : 株を買うタイミングはいつ?初心者が知っておきたい株の買い方・売り方

GMOクリック証券のよくある質問

GMOクリック証券のQ&A

このトピックではGMOクリック証券に関するよくある質問について以下の2つを紹介します。

  • 口座開設は誰でもできる?
  • FX取引をしたいときはどの口座を開設すればよいの?

Q. 口座開設は誰でもできる?

A. 申込受付基準があります。

GMOクリック証券の証券取引口座開設申込受付基準は以下の通りです。

  • 個人であること
  • 日本国内に居住していること
  • 満20歳以上であること
  • GMOクリック証券の規定や約款、ルールに同意できること
  • インターネットの利用環境が整っていること
  • 日本語でもコミュニケーションが可能なこと
  • 自分のメールアドレスを持っていること
  • 取引に必要な正確な個人情報を提出できること
  • 各種書面の電子交付に同意できること
  • リスクを理解していること
  • 自分の名義で取引すること
  • 証券会社に勤めていないこと
  • 米国籍保有者や米国居住者でないこと

上記が申込に必要な条件なので、事前に確認しておきましょう。

また、81歳以上の方だと停止する取引もあるので事前に把握が必要です。

Q. FX取引をしたいときはどの口座を開設すればよいの?

A. 証券取引口座でもFX専用取引口座でも利用できます。

FX取引を目的としてよりスピーディーに口座開設したい方には、FX専用取引口座がおすすめです。

証券取引口座よりも早く、最短当日から取引できるので、急いでいる方やFXだけ取引が出きれば良い方は、FX専用取引口座を開設しましょう。

FX専用取引口座を開設した後に、証券取引口座への変更も可能なので便利ですね。

ちなみに、最短での取引では、スマホでスピード本人確認での手続きが必要となるので気をつけましょう。

審査状況や申込日、申込時間によっては時間がかかる可能性雄あります。

関連記事 : 株を始める最低資金はいくら?1株数百円からできる初心者におすすめの少額投資

他証券も要チェック!GMOクリック証券と使い分けよう

FX取引高世界第1位のGMOクリック証券ですが、他の証券を使う必要がないかというとそういうわけでもありません。

他の証券で口座開設をするメリットはあります。

複数の証券で資産運用をして、リスク分散をしておきましょう。

自動売買もおすすめですよ。

DMM FX

DMM FX

総合評価
口座数80万口座以上
取引単位10,000通貨
取引手数料無料
スワップポイント米ドル/円:24円/日
メキシコペソ/円:24円/日
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.0銭
取り扱い通貨ペア数21通貨ペア
口座開設・取引までの日数 最短当日

今すぐFXを始めたい方は、最短1時間で取引スタートできるDMM FXがオススメ。

でもトレードアプリもありますから、まずは元手0円で取引をしてみましょう。

ツールの使いやすさに問題がなければ、実際の取引にもチャレンジ。

時事通信社の経済ニュースを無料でみられるのも嬉しいポイントですね。

\最大200,000円キャッシュバック!/

トライオートFX

トライオートFX,インヴァスト証券

総合評価
口座数430,694口座
取引単位1,000通貨
取引手数料1万通貨未満:片道20円
スワップポイント米ドル/円:36円/日
南アランド/円:36円/日
スプレッド米ドル/円:0.3銭
豪ドル/円:0.6銭
ユーロ/円:0.5銭
取り扱い通貨ペア数17通貨ペア
口座開設・取引までの日数 最短当日

インヴァスト証券のトライオートFXは、選ぶだけの自動売買FXです。

自動売買が代わりに取引をしてくれるため、24時間常にチャンスを狙えるのが強み。

最短当日から取引開始できますし、最大53,000円プレゼントという特典も見逃せません。

初心者からでも取り組みやすい簡単さと、経験者はカスタマイズできる自由さがトライオートFXの魅力ですよ。

自動売買で、感情に左右されない取引をしていきましょう。

\最大53,000円プレゼント!/

関連記事:【実績公開】トライオートFXのメリット・デメリット・評判を徹底解説!

アイネット証券【ループイフダン】

アイネット証券

総合評価
口座数9万口座以上
取引単位1,000通貨
取引手数料無料
スワップポイント米ドル/円:8円/日
南アランド/円:106円/日
スプレッド米ドル/円:2.0銭
豪ドル/円:4.0銭
ユーロ/円:3.0銭
取り扱い通貨ペア数24通貨ペア
口座開設・取引までの日数 最短2日後

アイネット証券のループイフダンは、FX初心者向けの自動売買ツールです。

1口座当たりの平均損益額は+11万円、取引手数料0円と効率よく資産運用したい方にオススメ。

利用者の95%が「わかりやすい」と回答しているところからも、使いやすさが伝わってきます。

難しい知識がなくとも、ループイフダンならFXに取り組めますよ。

\Amazonギフト券3,000円分プレゼント!/

関連記事:【評判・口コミ】アイネット証券のメリット・デメリットを解説!リスクはどうなのか

IG証券

IG証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
取り扱い商品FX
先物・オプション
CFD
口座開設・取引までの日数最短2日
特徴豊富な通貨ペア
FX以外も豊富
お得なキャンペーンが多い

IG証券は、CFDの実績が世界No.1の証券会社。

45年以上の実績と、多様な銘柄を扱っているところが魅力的です。

FXの手数料は0円、スリッページなし、レバレッジ最大25倍とメリットも多いです。

CFDに興味があるなら、IG証券で口座開設しましょう。

\最大5万円キャッシュバック!/

関連記事:IG証券ノックアウトオプションのメリット・デメリット!攻略方法完全ガイド

セントラル短資FX

セントラル短資FX

総合評価
口座数201,606口座
取引単位1,000通貨
取引手数料無料
スワップポイント南アランド/円:40円/日
メキシコペソ/円:77円/日
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.4銭
英ポンド/円:0.9銭
取り扱い通貨ペア数25通貨ペア
口座開設・取引までの日数最短翌日

セントラル短資FXは、各種手数料無料・高水準のスワップポイントと他証券に引けを取らない要素が強み。

1,000通貨から取引できますし、最新マーケット情報がLINEで確認できる手軽さも嬉しいですね。

FX専業としては唯一長期格付けを獲得している証券でもあります。

安心安全に取り組みたいなら、セントラル短資FXを要チェックですよ。

\最短5分で入力完了!/

関連記事:セントラル短資FXの評判・口コミ完全ガイド!メリット・デメリットも徹底解説

まとめ : GMOクリック証券でコストを抑えた取引を始めよう!

GMOクリック証券は、手数料の安さやスプレッドの狭さなど、コストを抑えた取引が可能です。

取引を頻繁に行う方であれば、手数料などコストが気になってしまいますが、GMOクリック証券では、業界最安値水準なのでありがたいですね。

また、FX取引において非常に人気の高い証券会社なので、FXを始めたい方にもおすすめです。

お客さまサポートの体制も整っていて少額から取引できるので、初心者の方でもは安心して始められますよ。

GMOクリック証券は無料で口座開設ができるので、気になる方はまず口座開設の申込みをしてみましょう。

\無料ではじめる!/

関連記事 : 株の始め方やコツって?初心者にも分かりやすく徹底解説

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

\マンガの続きを読む/

コメント

コメントする

目次