【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

楽天証券の手数料は高い? 他社と徹底比較!

楽天証券,手数料

「楽天証券で投資を始めてみようかな…」と思っても、手数料が高いのか安いのかよく分からない、という方は多いのでは?

楽天といえば誰もが知っているサービスなのでとっつきやすいですが、やはり証券会社選びで気になるのは、取引の手数料ですよね。

楽天証券の手数料がいくらなのか、他社と比較してお得なのか、徹底的に情報を網羅しました!

目次

楽天証券とは?手数料は高い?

楽天証券は、1999年にスタートした楽天グループのネット証券会社です。

特徴は何といっても、「楽天ポイント」が貯まること。

手数料が楽天ポイントで還元される仕組みです。

また、楽天証券で貯めたポイントはもちろん、楽天ショッピングや楽天ブックスなど、そのほかの楽天サービスで獲得したポイントを使って投資ができます。

株の売買でかかる手数料も、「いちにち定額コース」では、約定金額が1日100万円以下なら無料。

気軽に投資を始めたい人にはぴったりの証券会社です。

しかし詳しくは後述しますが、「いちにち定額コース」で1日100万円より高額な取引をすると他社より手数料が高めになるため、注意が必要です。

楽天証券の評判・口コミまとめ!ポイント投資や手数料も解説

楽天証券のメリット

楽天証券のメリットを3つご紹介します。

楽天ポイントがたまる

楽天証券では、国内株取引や外国株式の取引手数料が、1〜2%ポイントバックされます。

入手した楽天ポイントは、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービス全般で利用可能です。

日頃から楽天サービスをよく利用している人は、恩恵を受けやすくなっています。

楽天ポイントで投資ができる

最近、楽天ポイントで投資できるサービスが始まりました。

先述した通り、楽天ショッピングや楽天ブックスなど、証券以外の楽天サービスで入手したポイントも投資に使えます。

まさに楽天証券ならではのサービスです。

「現金を投資するのは抵抗がある…」という人も、ポイントなら気軽に始められます。

情報収集機能が充実

楽天証券は、アプリの無料情報収集コンテンツが充実しており、媒体数はなんと750以上。

中でも人気なのが、日経新聞を無料で閲覧できるサービスです。

有料で日経新聞を購読している、あるいは購読を考えている人は、楽天証券で口座開設すると大幅なコストダウンが可能です。

他にも日本経済新聞社が発行する専門紙や、マーケット解説動画、会社四季報の情報などを無料で閲覧できます。

投資の情報収集がしやすいのは、楽天証券の大きな魅力です。

楽天証券のデメリット

投資に役立つ情報が充実しており、ポイントも貯まる楽天証券。

しかし、以下のようなデメリットもあります。

単元未満株の取り扱いがない

株取引は通常、100株単位でおこなわれます。

しかし証券会社によっては、1株から分割して株式を購入でき、これはミニ株とも呼ばれます。

楽天証券では、この単元未満株の取り扱いがありません。

「100株単位だと高くて購入できないが、欲しい銘柄がある」「この会社の株を少しだけ買いたい」というときは、不便に感じるかもしれません。

ポイントバックはあるが手数料は少し高い

楽天証券は、投資でポイントがたまるお得さ・楽しさを売りにしています。

しかし楽天証券の手数料は、どのコースを選んでも、他社と比較してやや割高です。

ポイント還元率も1%と低いので、少額投資ではメリットを感じづらいかもしれません。

【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

楽天証券の手数料コース

楽天証券には、「超割コース」と「いちにち定額コース」があります。

超割コースは、「1回」ごとの取引金額で手数料が決まるプランです。

一方いちにち定額コースでは、「1日」ごとの取引金額で手数料が決まります。

自分の投資スタイルに合っているほうを選択しましょう。

超割コース

「1回」の取引金額で手数料が決まる、超割コース。

手数料の1%分のポイントがつきます。

後述する「いちにち定額コース」ではポイントがつかないので、「楽天ポイントを貯めながら投資したい!」という人におすすめです。

【現物取引手数料】

約定代金取引手数料(税込)
5万円まで55円
10万円まで99円
20万円まで115円
50万円まで275円
100万円まで535円
150万円まで640円
3,000万円まで1,013円
3,000万円超1,070円

【信用取引手数料】

約定代金取引手数料(税込)
5万円まで99円
20万円まで148円
50万円まで198円
50万円超385円

大口優遇でさらにお得

また楽天証券の超割コースでは、「大口優遇」があります。

一定の条件を達成し、大口の顧客として認定されると、手数料の割引が3ヶ月間受けられる仕組みです。

通常は「現物取引手数料55円〜、信用取引手数料99円〜」のところ、大口優遇では「現物取引手数料0円〜、信用取引手数料は約定金額がいくらであっても0円」です。

ポイント還元率も2%と、一般顧客と比較して少しだけアップします。

大口優遇の達成条件

【信用取引】

  • 1日の新規建約定金額の合計が3000万円以上
  • 1ヶ月の新規建約定金額の合計が3億円以上
  • 信用建玉残高が15:30時点で3000万円以上

【貸株、投資信託】

  • 1ヶ月の平均残高が3000万円以上

いちにち定額コース

いちにち定額コースでは、1日の取引金額が100万円までなら、手数料無料です。

1日の取引金額が100万円より高くならない方や、「楽天ポイントを貯めるより、少額の取引を安く行いたい」という方におすすめですよ。

1日の約定代金合計取引手数料(税込)
100万円まで0円
200万円まで2,200円
300万円まで3,300円

※以降、100万円増えるごとに1,100円を追加

また、デイトレード専用の信用取引「いちにち信用」は、手数料0円で利用できます。

さらに金利や貸株料も年率0%なので、デイトレーダーは利用を検討してみましょう。

【超割コース】楽天証券と他大手の手数料を比較

楽天証券の手数料は割高なのか、それとも安いのか、他の証券会社と比較しました。

まずは「超割コース」を利用した場合の手数料を比較してみましょう。

証券会社手数料(取引5万円)手数料(取引50万円)
楽天証券(超割コース)55円275円
立花証券55円264円
岡三オンライン108円385円
GMOクリック証券50円260円
SBI証券55円275円
SBIネオトレード証券50円198円
DMM株55円198円
auカブコム証券55円275円

ご覧のように、楽天証券の手数料は平均的です。

SBIネオトレード証券やDMM株と比べて高額に設定されていますが、突出して手数料が高いわけではありません。

【いちにち定額コース】楽天証券と他大手の手数料を比較

次に、「いちにち定額コース」の場合を比較してみましょう。

楽天証券の「いちにち定額コース」と同様のプラン(1日の約定代金によって手数料が決まる「1日定額制」)で、1日200万円の売買をしたと仮定します。

証券会社手数料(取引200万円)
楽天証券(いちにち定額コース)2,200円
松井証券2,200円
立花証券1,760円
岡三オンライン1,430円
GMOクリック証券1,238円
SBI証券1,238円
SBIネオトレード証券1,100円

楽天証券の手数料は割高であることが分かります。

対するSBIネオトレード証券やSBI証券は、手数料が安く、低コストで投資できるのが魅力です。

SBIネオトレード証券の評判・口コミまとめ!手数料の安さが人気って本当?

ただ、楽天証券のいちにち定額コースでは、1日100万円までなら手数料が0円です。

そもそも1日に100万、200万と売買しない場合は、あまり気にする必要がないでしょう。

日経新聞や四季報など、無料でチェックできる情報サービスの多さを考えると、むしろお得という考え方もできます。

楽天証券とSBI証券の手数料を徹底比較

単純に手数料を抑えたいなら、おすすめなのが「SBI証券」です。

SBI証券はネット証券口座開設数No.1を誇る人気証券会社で、日経新聞の無料提供こそありませんが、楽天証券と同様に情報サービスが充実しています。

また会社四季報も、楽天証券と同じく、無料でチェック可能です。

【楽天・SBI比較】1約定ごとの現物手数料

1回の約定代金楽天証券(超割コース)SBI証券(スタンダードプラン)
10万99円99円
20万115円115円
30万275円275円
50万275円275円
100万535円535円
200万1,013円1,013円

1回の約定ごとに手数料が発生する「1約定制」のコースを比較してみると、SBI証券と楽天証券では、ほぼまったく手数料に差がありません。

では、1日の約定代金によって手数料が決まる「1日定額制」のコースではどうでしょうか。

【楽天・SBI比較】1日ごとの現物手数料

1日の約定代金楽天証券(いちにち定額コース)SBI証券(アクティブプラン)
100万0円0円
200万2,200円1,238円
300万3,300円1,691円

1日定額制の手数料は、楽天証券よりSBI証券のほうが安いです。

1回ごとの取引ではなく、1日ごとの取引額の合計で手数料が決まるプランを選ぶなら、SBI証券がよりおすすめです。

SBI証券の評判・口コミ!実際のところどうなのか利用者の声から徹底解説

楽天証券の手数料に関してよくある質問

楽天証券の口座を作るのに手数料はかかるのか、手数料は無料にできるのかなど、役立つ情報をまとめました。

Q.楽天証券の無料コンテンツを利用したいから、口座開設だけしたい

A.楽天証券は、日経新聞をはじめとした無料コンテンツが充実しています。

「楽天証券で株取引をしないけど、日経新聞や四季報をチェックしたいから、口座開設だけする」というのもありです。

口座開設だけなら、維持費や手数料はかかりません。

Q.楽天証券で手数料を無料にする条件は?

A.「いちにち定額コース」で1日100万円までの売買しか行わないなら、手数料は無料です。

まずは始めてみたいという人も、気軽に利用できるでしょう。

また、「超得コース」で手数料を無料にする方法はありません。

必ず1回55円の手数料がかかります。

Q.楽天証券の手数料はいつ引かれる?

A.取引時間中は、PCサイトにログインし、「国内株式>現物取引または、信用取引>注文照会・訂正・取消」で手数料を確認できます。

「いちにち定額コース」や、複数の内出来があった場合、手数料が確定するのは翌朝6時以降です。

また、楽天証券の手数料は、買い注文を出したときに仮拘束されます。

そのため、株価と手数料分の残金がなければ、買い注文はできません。

買い注文を出しても注文が成立しなかった場合、手数料の拘束は解除されます。

まとめ~楽天証券の手数料コースを要チェック~

楽天証券はポイントが貯まるため、楽しくお得に投資できるのが魅力です。

さらに楽天ポイントで投資ができ、楽天サービスとの併用でポイントがより貯まる・使えるため、楽天ユーザーにとっては利用しやすいでしょう。

しかしポイント還元があるからといって、「結果的に一番手数料が安くなる!」というわけではありません。

SBI証券のような、楽天証券より手数料が安い会社もあるため、ぜひそちらも選択肢に入れてみてください。

とはいえ、日経新聞をはじめとした無料コンテンツは非常に魅力的です。

投資情報収集のために口座開設するのもありですよ。

楽天証券の口座開設|取引開始までの流れを分かりやすく解説!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

\マンガの続きを読む/

コメント

コメントする

目次