【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

SBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)は手数料が安い!SBI証券・他社と比較

ライブスター証券,手数料

SBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)の手数料は、他社と比較してトップレベルの安さです。

具体的にどれほど安いのか、2つの手数料プランを他社と一覧表で比較しながらご紹介します。

手数料の安さを特に重視する方には、とてもおすすめのネット証券会社です!

目次

SBIネオトレード証券とは?手数料の安さが魅力!

SBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)は、手数料の安さで選ばれている証券会社です。

オリコン顧客満足度ランキングの取引手数料部門で、7年連続第1位に輝いています。

以前はライブスター証券という社名でしたが、2021年1月1日からSBIネオトレード証券に変更されました。

SBIネオトレード証券の手数料は、ここが安い!

SBIネオトレード証券の手数料は、現物取引はもちろん、信用取引も超お得です!

①株(現物取引)の手数料が激安!

SBIネオトレード証券の株取引における手数料プラン(現物)は、「一律プラン」と「定額プラン」の2種類です。

SBIネオトレード証券の手数料プラン
  • 一律プラン…「1回」ごとの約定代金に応じた手数料がかかります。
  • 定額プラン…「1日」の約定代金合計額に応じた手数料がかかります。

一律プランの手数料一覧(現物取引)

一律プランの場合、約定代金が1回5万円以下なら、たった税込50円しか手数料がかかりません。

約定代金(1回)手数料(税込)​
5万円以下50円
10万円以下88円
20万円以下100円
50万円以下198円
100万円以下374円
150万円以下440円
300万円以下660円
300万円超880円

約定代金が5万円以下でも、300万超でも、非常にお得です。

定額プランの手数料一覧(現物取引)

定額プランでは、1日の約定代金合計額が100万円以下なら、 手数料無料です。

約定代金(1日)手数料(税込)​
50万円以下0円
100万円以下0円
150万円以下880円
200万円以下1,100円
300万円以下1,540円
以降100万円増加ごとに295円ずつ増加

1日に300万円より多く取り引きした場合も、100万円ごとに295円ずつ増加と、手数料の上げ幅は安く設定されています。

②信用取引の手数料が完全無料!金利も安い

SBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)では、2019年12月10日(火)から、信用取引の取引手数料が完全無料になりました!

金利は別途かかりますが、業界最安値水準を実現しています。

たとえば人気のSBI証券・マネックス証券・楽天証券では、買方金利(制度)が2.80%ですが、SBIネオトレード証券では2.30%とより低金利。

「信用取引のコストを下げたい!」という人には、とてもおすすめな証券会社です。

【手数料比較】SBIネオトレード証券VS他社

ライブスター証券,手数料

他社と比較してSBIネオトレード証券の手数料は本当に安いのか、一覧表で比較してみましょう。

一律プランの手数料比較(現物取引)

1回ごとの取引に手数料がかかる一律プランでは、以下のような結果になりました。

取引5万円取引30万円取引50万円
SBIネオトレード証券(一律プラン)50円198円198円
岡三オンライン証券108円385円385円
楽天証券55円275円275円
立花証券55円264円264円
GMOクリック証券50円260円260円
SBI証券55円275円275円
DMM株55円198円198円
auカブコム証券55円275円275円

GMOクリック証券やDMM株も手数料が安いネット証券会社ですが、5万円、30万円、50万円の取引代金で比較すると、SBIネオトレード証券が一番お得です。

定額プランの手数料比較(現物取引)

1日の合計取引金額で手数料が決まる一律プランでは、以下のような結果になりました。

取引100万円取引200万円
SBIネオトレード証券(定額プラン)0円1,100円
岡三オンライン証券0円1,430円
楽天証券0円2,200円
松井証券1100円2,200円
立花証券990円1,760円
GMOクリック証券0円1,238円
SBI証券0円1,238円

1日100万円までの取引なら、手数料無料の会社が多いですね。

1日200万円までの取引では、SBIネオトレード証券の手数料が一番お得です。

他社と比較しても手数料が安い

このようにSBIネオトレード証券は、100万円以上の価格帯でも、大手ネット証券より割安であることがわかります。

手数料の面では、非常に優秀な証券会社です。

「まずは気軽に株を始めてみたい」という初心者はもちろん、株に慣れている方でも、手数料をおさえるために口座開設する価値があります。

関連記事:手数料が安いネット証券はどこ?それぞれの証券会社の特徴を徹底比較!

手数料だけじゃない!SBIネオトレード証券を選ぶメリット2選

ご紹介してきたように、SBIネオトレード証券はとにかく手数料が安い証券会社です。

しかし手数料だけではなく、「しっかりした会社なの?」「投資に役立つ情報は充実してるの?」など、ほかの点も考慮して証券会社を選びたいですよね。

SBIネオトレード証券の特長的な強みをご紹介します!

SBIグループの強い基盤

まだ社名がライブスター証券から変更されたばかりということもあり、「聞いたことない会社だけど…大丈夫?」と不安に思うかもしれません。

しかしSBIネオトレード証券は、人気のSBI証券と同じSBIグループの会社で、強い基盤があります。

旧ライブスター証券としてスタートしたのは2008年3月と比較的新しいですが、2020年にSBIグループの仲間入りを果たし、今後さらなる成長が期待されています。

取引ツールも充実

手数料が安い証券会社というと、ツールが充実していないイメージかもしれません。

しかしSBIネオトレード証券は、スマホ・パソコンにそれぞれ専用の無料取引ツールを用意しています。

SBIネオトレード証券の無料ツール
  • スマホ向け…「NEOTRADE S」
  • パソコン向け…ダウンロード版「NEOTRADE R」、ウェブ版「NEOTRADE W」
  • パソコン向けブラウザ国内株式・取引情報ツール…「カブ板」

また新登場したツール「カブ板」では、価格情報が一覧で見やすくまとまっています。

発注までおこなえるトレーディングツールです。

SBIネオトレード証券のデメリット2選

取り扱い商品が少ない

SBIネオトレード証券の弱みは、取り扱っている商品の少なさでしょう。

FX、外国株式、国内外債券、CFD(くりっく株365)、eワラントなどは利用できません。

国内株式・信用取引中心に取引したい人向けの証券会社です。

そのため「メインの証券会社として使うには不便」と感じる可能性があります。

IPOの取り扱いが少ない

IPO(新規公開株式)の2021年取扱実績は21社と、他社と比較して少なめです。

IPO(新規公開株式)の2021年取扱実績
  • SBI証券…122社
  • SMBC日興証券…81社
  • 楽天証券…74社
  • マネックス証券…66社

当選するまで前受金不要なのはメリットですが、やはり取り扱い数が少ないと、物足りなく感じられます。

当選確率は取引実績や資産残高によって優遇されるので、売買頻度の高い投資家が有利です。

SBIネオトレード証券の手数料Q&A|デメリットも紹介

Q.SBIネオトレード証券とSBI証券の違いは?手数料って同じ?

ライブスター証券,手数料

SBIネオトレード証券とSBI証券は、どちらもSBIグループの会社ですが、手数料プランや取り扱い商品は異なります。

SBIネオトレード証券はSBI証券より、国内株式・信用取引の手数料が安いです。

いっぽうで取り扱っている商品が少なく、不便に感じる可能性は否めません。

「SBIネオトレード証券の商品だけでは物足りない」「手広く投資したい」という人は、SBI証券や別の証券会社を、目的に応じて使い分けてもいいでしょう。

すすめネット証券3選

手数料がとても安いSBIネオトレード証券。

しかしいっぽうで、取り扱い商品やIPO(新規公開株式)の少なさから、「使いづらい」「ほかの証券会社と併用したい」と感じる可能性が。

SBIネオトレード証券と比較検討してほしい、おすすめのネット証券会社を3つご紹介します。

SBI証券

SBI証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託2,632件
株式以外債券
FX
CFD
金/銀/プラチナ
先物・オプション
保険
口座開設・取引までの日数最短翌営業日
特徴圧倒的口座数
100万円まで手数料0円
充実のサービス

SBI証券は、SBIネオトレード証券と同じSBIグループの会社です。

手数料はSBIネオトレード証券より少し高いですが、FXや債券など、SBIネオトレード証券では取り扱いのない商品・サービスを用意しています。

 

また、手数料がSBIネオトレード証券より少し高いとはいっても、業界全体で見るとかなり安いほうです。

1回の取引あたり、手数料55円~で利用できます。

使いやすさと手数料の安さの両方を兼ね備えている、おすすめの人気ネット証券です。

\口座数&総合力No.1!/

関連記事:SBI証券の評判・口コミ!実際のところどうなのか利用者の声から徹底解説

松井証券

松井証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託1,580件
株式以外FX
先物・オプション
口座開設・取引までの日数最短3日
特徴使い勝手の良いツール
お得な手数料
手厚いサービス

松井証券は、1世紀の歴史を持つ老舗証券会社です。

25歳以下なら取引金額に関係なく手数料がかからないので、若いうちに口座開設するほどお得になります。

手数料は「1日」ごとの約定代金で決まるプランのみなので、SBIネオトレード証券の定額プランと比較検討してみてください。

手数料最安クラスとは言えないものの、老舗ならではの手厚いフォローが魅力です。

\無料ではじめる!/

関連記事:松井証券の評判・口コミまとめ!手数料や投資信託についても解説

マネックス証券

マネックス証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託1,235件
株式以外債券
FX
先物・オプション
金・プラチナ
口座開設・取引までの日数 最短翌営業日
特徴100円から始められる
米国株に強い
お得なマネックスポイント

マネックス証券は、米国株や中国株の取り扱い数が多い証券会社です。

100円からの少額投資も可能なので、気軽に始められます。

また、独自の「マネックスポイント」がたまるのも魅力です。

SBIネオトレード証券では取り扱っていない債券、FXなども提供しているので、併用するとより便利になるでしょう。

\無料ではじめる!/

関連記事:マネックス証券の評判・口コミまとめ!米国株やIPOの人気についても解説

SBIネオトレード証券は他社と比較して手数料が安い

「手数料が業界最安水準」とうたっている証券会社は多くあります。

しかし、実際に他社と手数料を比較してみると、実はそんなに安くない…ということも。

その点SBIネオトレード証券は、本当に手数料が業界最安水準です。

1日ごとに手数料が決まる「定額プラン」や、1回の約定ごとに手数料が決まる「一律プラン」はもちろん、投資信託もお得。

取り扱っている商品やサービスが少ないのはデメリットですが、ほかの証券会社と使い分けをすれば、その不満も解消できるでしょう。

「とにかく安いコストで投資したい!」「手数料が余計にかかるのはイヤ!」という方は、ぜひ口座を開設してみてください!

関連記事:人気ネット証券のキャンペーンを紹介!新規口座開設やキャッシュバックでお得に

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

\マンガの続きを読む/

目次