【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

SBI証券で口座開設する方法!必要書類・注意点・取引までの流れをわかりやすく解説

SBI証券,口座開設

口座開設数No.1を誇るSBI証券、人気があるから申し込んでみたい…。

今回はそんな方のために、SBI証券の口座開設の流れを解説。

必要なものや取引を始める前に確認しておきたいポイントも合わせてご紹介します。

SBI証券なら最短翌日に取引が始められますよ。

関連記事:【初心者必見】おすすめ資産運用5選!少額から始められる方法をご紹介

目次

SBI証券の口座開設で必要なもの一覧

SBI証券,口座開設

SBI証券でスムーズに口座開設するためにも、必要なものを事前に手元に用意しておきましょう。

何が必要になるかは、スマホを持っているかどうかで変わってきます。

  • スマホを持っている場合
  • 郵送もしくは過去の画像を提出したい場合

当てはまる方をチェックしてみてください。

スマホを持っている場合

スマホから口座開設する場合、必要な書類は下記のいずれかとなります。

  • マイナンバーカード
  • 通知カード+運転免許証
SBI証券,口座開設

出典:SBI証券

上記が用意できる場合、申し込みから取引開始までネット完結できるためとっても便利。

取引開始までも最短翌営業日とスピーディーです。

上記の書類が用意できない、スマホがない場合はもう一つのケースを参考にしてください。

郵送もしくは過去の画像を提出したい場合

スマホがないため郵送で申し込みたい、あるいは過去に撮影した画像データを使いたい方は、下記の書類が必要になります。

  • マイナンバーカード+本人確認書類1種類
  • 通知カード+本人確認書類2種類

有効な本人確認書類は以下の通り。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 住民票の写し
  • 住民基本台帳カード
  • 各種健康保険証
  • 印鑑証明書
SBI証券,口座開設

出典:SBI証券

書類の有効期限が切れていないかは注意しておきましょう。

関連記事:株を始める最低資金はいくら?1株数百円からできる初心者におすすめの少額投資

SBI証券で口座開設する方法

SBI証券はスマホやパソコンから口座開設を申し込めます。

スムーズに手続きを進められるよう、流れを確認しておきましょう。

SBI証券で口座開設する方法
  1. メールアドレス登録
  2. 認証コード入力
  3. 基本情報入力
  4. 規約確認
  5. 入力内容確認
  6. 口座開設方法選択
  7. 申し込み完了

STEP1:メールアドレス登録

口座開設の申し込みページから、口座開設にすすむボタンを押すとメールアドレスの登録を求められます。

SBI証券,口座開設

メールアドレスを入力して、次に進んでください。

STEP2:認証コード入力

登録したメールアドレスに、認証コードが届きます。

SBI証券,口座開設

メールが来ない場合は、迷惑メールに入ってしまっていないか確認してみてください。

STEP3:基本情報入力

口座開設をするために必要な情報を入力していきます。

SBI証券,口座開設

居住国や名前、生年月日といった基本情報はもちろん、納税方法やNISAの選択もここでします。

口座はどれを選べばいいの?

納税方法選択の欄で、特定口座源泉徴収あり・特定口座源泉徴収なし・一般口座のいずれかを選ばなければなりません。

納税を「SBI証券に任せる」か、「自分で申告する」か、「自分で計算も申告もする」かで選ぶべき口座は変わってきます。

投資が初めての方は、「SBI証券に任せる」特定口座源泉徴収ありを選びましょう。

NISA口座はどうすべき?

NISAは少額投資非課税制度のことです。

一定の投資額によって発生する利益が非課税になる制度で、より効率的な投資につながる可能性があります。

NISAだけでなくつみたてNISAもありますから、興味がある方はどちらを選ぶか検討してください。

NISA口座は1人につき1口座ですから、じっくり考えたいですね。

あとからNISA口座に申し込むこともできますよ。

STEP4:規約確認

SBI証券,口座開設

入力し終わったら、規約の確認をします。

各種規約がPDFになっていますから、一通り目を通しておきましょう。

問題がなければ、「同意する」にチェックです。

STEP5:入力内容確認

規約に同意したら、入力内容に問題がないかを確認してください。

SBI証券,口座開設

入力ミスがないか、きちんとチェックしておきましょう。

STEP6:口座開設方法選択

ネット化郵送か、どちらで口座開設の手続きを進めるか選びます。

SBI証券,口座開設

基本的には、ネットで口座開設するのがおすすめです。

手間がかからないのはもちろん、口座開設までの時間も短縮できます。

STEP7:申し込み完了

ここまでで一連の流れは終了です。

ネットで口座開設を選んだ場合、メールにて必要書類の提出を求められますから適宜対応していきましょう。

口座開設出来たら初期設定を

口座開設後、ユーザーネームとログインパスワードでログインをしましょう。

連絡先や勤め先など、詳細情報を入力する必要があります。

国内株式手数料プランもどちらにするか選びましょう。

取引を開始するためには初期設定をしなければなりませんから、時間があるときに済ませておきたいですね。

関連記事:ネット証券の口座開設方法!必要なもの・かかる日数・口座の違いなどをやさしく解説

SBI証券の口座開設にかかる日数は?

証券口座にはどれくらい時間がかかるものなのでしょうか。

郵送でSBI証券の口座開設をする場合、書類の受け取りや配送をしなくてはならないため、1週間以上かかってしまいます。

ところがネットで口座開設をする場合は、最短翌日に口座開設が可能です。

急いでいる方はネットで申し込み口座開設するようにしましょう。

他のネット証券を見てみても、最短翌日の口座開設が一般的です。

関連記事:スマホ証券最新比較ランキング!手軽に始められる株式投資の魅力を徹底解説

SBI証券で取引を始める前に確認しておきたいポイント

SBI証券,口座開設

口座開設ができたら、いよいよ取引開始です。

SBI証券で取引を始める前に確認しておきたいポイントをまとめました。

SBI証券で取引を始める前に確認しておきたいポイント
  • 自分に合った手数料プランを選ぶ
  • ポイントを活用しよう
  • デモ口座がない点に注意
  • IPOの抽選ルールに注意

自分に合った手数料プランを選ぶ

SBI証券には、2種類の手数料プランが用意されています。

「スタンダードプラン」か「アクティブプラン」、自分に合ったプランを選びましょう。

どちらにしろ手数料が格安なのは嬉しいポイントですね。

スタンダードプラン

約定代金取引手数料
5万円55円
10万円99円
20万円115円
50万円275円
100万円535円
150万円640円
3000万円1,013円
3000万円超1,070円

1注文の取引金額に応じて手数料が決まるプランです。

一度にまとめて取引する人に向いています。

アクティブプラン

約定代金取引手数料
100万円まで0円
200万円まで1,238円
300万円まで1,691円
以降+100万円ごとに+295円

1日の取引合計額に応じて手数料が決まるプランです。

1日に何度も取引する人に向いています。

関連記事:手数料が安いネット証券はどこ?それぞれの証券会社の特徴を徹底比較!

ポイントを活用しよう

SBI証券では、取引することによって以下のポイントを貯められます。

  • Tポイント
  • Pontaポイント
  • dポイント

TポイントとPontaポイントは、1ポイント1円分として「投資信託のスポット買付」に活用できます。

口座開設の際に、ポイントサービスに申し込んでおきましょう。

関連記事:投資信託おすすめ銘柄&証券会社人気ランキング!初心者向け最新情報まとめ【2022年】

デモ口座がない点に注意

SBI証券にはデモ口座がありません。

デモ口座とは、仮想口座で本番さながらに取引の練習を行える口座のこと。

FXなどでよくみられる口座です。

SBI証券ではデモ口座で練習を積むことはできませんから、いきなり大金を投資につぎ込むようなリスクの高い行動は避けてくださいね。

IPOの抽選ルールに注意

IPOとはInitial Public Offering(新規公開株)の略称です。

新規上場してきた企業の株であり、利益が出しやすいと人気を集めています。

IPO株を購入する場合、抽選に参加して購入する権利を獲得しなければなりません。

SBI証券の場合、抽選に参加するためにはある程度の買付余力が求められます。

つまり少ない資金でしか取引していなければ、なかなかIPO株には手が届かないのです。

IPO株の種類が豊富なのはSBI証券のメリットですが、必ずしも獲得できるわけではない点に注意してくださいね。

関連記事:IPO株の買い方を分かりやすく解説!買う際のポイントやおすすめ証券会社

SBI証券の基本情報

SBI証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託2,632件
株式以外債券
FX
CFD
金/銀/プラチナ
先物・オプション
保険
口座開設・取引までの日数最短翌営業日
特徴圧倒的口座数
100万円まで手数料0円
充実のサービス

\口座数&総合力No.1!/

関連記事:SBI証券の評判・口コミ!実際のところどうなのか利用者の声から徹底解説

SBI証券で口座開設しよう

SBI証券で口座開設するなら、スマホやPCから申し込んで、ネットで口座開設するのがおすすめです。

最短翌営業日から取引できますから、申し込んだ後は興味のある投資情報を調べて準備しておきましょう。

また口座は複数持てますから、他のネット証券にも目を向けてみるのも面白いですよ。

それぞれのネット証券に良さがありますから、うまく使い分けていきたいですね。

関連記事:【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

\マンガの続きを読む/

コメント

コメントする

目次