【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

株の自動売買って?始め方やメリットなど徹底解説!おすすめツールの紹介も

自動売買,株

副業や小遣い稼ぎで株式投資をおこなっている人にとって、日中パソコンに張り付いて株式市場を見続けることは不可能に近いです。

しかし株の自動売買を利用することで、常にマーケットを注視し続けなくても、売買注文を自動でおこなえます。

今後はAI(人工知能)によって、さらに高度な株の自動売買が可能になるといわれる時代です。

このページでは、株の自動売買の仕組みや注文方法について解説していますので、今のうちに自動売買について理解しておきましょう。

また、メンタルや時間面でのメリット・デメリット、証券会社のおすすめ自動売買のツールもあわせて紹介していますので、興味のある人はぜひ参考にしてください。

このページで分かること
  • 株の自動売買について(仕組みやツールの種類)
  • 自動売買の注文方法11種類を紹介
  • 株の自動売買のメリット・デメリット
  • 証券会社で使える自動売買ツール5選
目次

株の自動売買とは?

株の自動売買とは、事前に決めておいた条件をもとに、株の購入から売買までを自動でおこなってくれるサービスのことを指します。

株式投資に不慣れな初心者や、日中忙しくて市場動向チェックをこまめにおこなえない人は、自動売買がおすすめです。

もともとは、機関投資家と呼ばれるプロの投資家向けのシステムでしたが、最近では個人投資家も積極的に活用しています。

自動売買を活用することで売買注文が自動化され、時間と手間が大幅に削減されるのが特徴です。

株の自動売買の仕組み

株の自動売買では、あらかじめ売買ルールを設定します。

設定したルールに則って、購入から売却までの流れを、機械が自動でおこなってくれます。

一度ルールを設定しておけば、自動で取引がおこなわれるのでとても便利なサービスですね。

ただし、銘柄や売買タイミングは自動売買サービスに含まれないので、事前に自分で設定しなければなりません。

株の自動売買ツールとは?

株の自動売買を利用するには、証券会社が提供する自動売買ツールを使用するか、自動売買プログラムの市販ソフトを購入して外部ツールとして導入するかの2パターンあります。

上級者は外部ツールで自由に設定した自動売買システムの導入も可能でしょう。

しかし、投資初心者は証券会社が提供する自動売買ツールの利用をおすすめします。

ほとんどの証券会社が自動売買ツールを無料提供しているので、とりあえず初めてみるには丁度良いですよ。

自動売買とロボアドバイザーの違いってなに?

自動売買とロボアドバイザーについて、よく混同しがちなので、2つのサービスの違いについて解説します。

この2つの大きな違いとは、自分の投資スタイルを反映できるかどうか、にあります。

自動売買とは、先述で解説した通り、売買注文を自動でおこなってくれるサービスです。

取引銘柄や売買のタイミングを自分で決定するなど、投資家自身にある程度の知識や、投資にかける時間を必要とします。

他方で、ロボアドバイザーとは、AIが資産運用のアドバイスをするだけでなく、実際に投資家に代わって投資運用をおこなうサービスを指します。

ロボアドバイザーに投資運用を任せてしまえるので、投資家は投資に関する知識やかける時間が必要なくなります。

株の自動売買の11の注文方法

自動売買,株

それでは、株の自動売買の注文方法について、11種類紹介します。

  1. 指値注文
  2. 逆指値注文
  3. W指値注文
  4. ±指値注文
  5. Uターン注文
  6. リレー注文
  7. 時間指定注文
  8. バスケット(一括)注文
  9. トレーリングストップ注文
  10. リスト注文
  11. IOC注文

自動売買の注文方法は充実しているので、自分の投資スタイルに合ったものを見つけましょう。

ただし、証券会社の自動売買ツールによって、注文方法の充実度は異なりますので、事前に確認してください。

①指値注文

「指値注文」とは、取引する銘柄に対して、「○○円以下で買いたい」「○○円以上で売りたい」と、あらかじめ任意の値段を設定して注文する方法です。

日中仕事をしているなど忙しい人は、値動きを注視して希望の価格で売買注文することは難しいです。

指値注文を活用すると、希望価格での取引を自動でおこなってくれます。

②逆指値注文

「逆指値注文」は、指定した価格に到達すると、自動で売買発注がされる方法です。

「○○円まで価格が下落すれば売る(売り注文)」「○○円まで価格が上昇すれば買う(買い注文)」と、設定できます。

上昇や下落のトレンドに従って注文を発注することができるので、逆指値の設定をしておくと相場の流れに乗りやすいですよ。

また、損失の拡大を防ぐロスカットの役割も果たしてくれます。

③W指値注文

「W指値注文」とは、指値と逆指値を同時に発注する方法のことです。

W指値注文を活用することで、値上がり時の利益確保が可能になります。

また、値下がり時にはロスカット設定で損失拡大を防ぐことができます。

日中は忙しくて株価を確認できない人や、細かく売買タイミングを計りたい人におすすめの注文方法ですよ。

④±指値注文

「±指値注文(プラマイ指値)」は、始値・終値や約定価格など、未確定の価格を基準に売買注文を発注する方法です。

「始値から○○円上がったら買いたい」「終値から○○円下がったら売りたい」などの場合に活用できますよ。

±指値注文は、逆指値注文・W指値注文と組み合わせた発注もできます。

例えば、当日の始値から相対価額を求める「始値±指値」や、前の日の終値から相対価額を求める「終値±指値」があります。

また、後述のUターン注文とも組み合わせられますよ。

⑤Uターン注文

「Uターン注文」とは、買い注文と売り注文を同時におこなう方法を指します。

「○○円で買い注文を入れ、それが約定すれば○○円の売り注文を発注する」など、発注予約を自由に出せます。

うまく活用すれば、利益確定や損切ができるおすすめの注文方法です。

⑥リレー注文

「リレー注文」とは、最初の注文が約定すると自動的に次の注文が出せる方法です。

「A株を○○円で売却したら、B株を○○円で買う」など、銘柄変更も可能となります。

保有している株式の売却代金で、次の株式を買付したい場合に便利な注文方法です。

⑦時間指定注文

「時間指定注文」は、事前に発注時間を指定しておける、シンプルな注文方法です。

「○○時○分に買いたい」「○分後に売りたい」などと、時間を自分の都合に合わせて売買発注できます。

また、「○時○分までに約定しなければ注文を取り消す」「○分後までに約定しなければ注文方法を訂正する」など、状況に応じて注文取消や訂正の予約もできます。

⑧バスケット(一括)注文

「バスケット(一括)注文」は、事前に注文登録した複数の注文(現物取引や信用取引など)を一括で発注する方法です。

バスケット(一括)注文を活用すると、多数の注文を一度に行えるため、効率よく取引がおこなえます。

⑨トレーリングストップ注文

「トレーリングストップ注文」とは、マーケットの変動に応じて、指定した価格に合わせて逆指値をリアルタイムで自動修正してくれる注文方法です。

例えば売り注文の場合、株価が下落するなら逆指値で売却し、上昇するなら逆指値を切り上げ、株価の値上がりに追従してリターンを大きくしてくれます。

⑩リスト注文

「リスト注文」とは、上述のバスケット注文と同様に、複数の注文を一括で注文する方法です。

リスト注文は、逆指値やW指値、±指値など複数の注文にも対応しているので、自分の行いたい発注方法を組合わせられます。

しかし、現物株取引、信用取引、先物取引等をミックスした一括発注登録はできませんので注意してください。

⑪IOC注文

「IOC(Immediate Or Cancel)注文」は、自分の指定した値段もしくはそれよりも有利な値段で約定しない場合、注文が自動でキャンセルになる注文方法です。

IOC注文を活用することで、発注直後の注文取消などの手間が省けます。

株の自動売買3つのメリット

株の自動売買は、活用することで投資戦略が広がったり時間や手間を省けるのでおすすめです。

具体的に、株の自動売買のメリットについて解説します。

株の自動売買の主なメリット3つ
  1. 時間や手間が省ける
  2. 冷静な判断ができる
  3. 初心者でも気軽に利用ができる

①時間や手間を省ける

日中働いている人にとって、常にマーケット動向をチェックする時間を確保することは難しいです。

しかし、あらかじめ取引ルールを設定して、自動売買を活用することで投資にかける時間や手間を大幅に省けます。

売買発注を自動化することで、売買のチャンスを逃すこともありませんよ。

②冷静な判断ができる

投資は、感情によって判断を失敗する場合があり、メンタルが重要といわれます。

株価の思わぬ下落によって損切りするべき局面でも、「もう少し待てば」「損はしたくない」と保有を続けたくなってしまう人は多いのです。

しかし、自動売買は機械が処理してくれるため、感情に左右されず冷静に取引をしてくれます。

③初心者でも気軽に利用できる

投資の初心者だと、売買のタイミングを掴めず投資チャンスを逃してしまう場合があります。

しかし自動売買を活用することで、投資に慣れていない人でも気軽に投資を始められます。

自動売買を活用しながら、マーケットの動きを見て勉強することも可能です。

株の自動売買2つのデメリット

株の自動売買は万能というわけではないので、少なからずデメリットがあります。

ここでは2つのデメリットを紹介します。

株の自動売買のデメリット2つ
  1. 想定外の動きに弱い
  2. 自動売買システムの理解が難しい

①想定外の動きに弱い

自動売買を効率的に活用するためには、事前にマーケットの動向をある程度予想し、それに対応したルール設定をしておきます。

しかし、マーケットが想定外の動きをする場合も稀にあります。

そういった場合、設定していた取引ルールが合わず大きなリターンを得るチャンスを逃したり、想定外の損失を受ける可能性があります。

自動売買という便利なシステムはありますが、投資はリスクゼロでおこなえるものではない、と理解しておきましょう。

②自動売買システムの理解が難しい

上述で様々な自動売買の注文方法を解説しましたが、すべてを理解し実践することは、初心者には厳しいかもしれません。

自動売買に慣れて、自分に合った注文方法や組み合わせを見つけるまでにはしばらくかかると考え、焦らずに取引をおこないましょう。

株の自動売買おすすめツール4選

自動売買,株

ここからは、証券会社が提供する自動売買ツールのおすすめ4選を紹介します。

  1. マネックス証券「トレードステーション」
  2. インヴァスト証券「トライオートETF」
  3. IG証券「ProRealTimeチャート」
  4. SBI証券「オートレ225」

口座を持っていない人は、口座開設を検討してみてください。

①マネックス証券「トレードステーション」

マネックス証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託1,235件
株式以外債券
FX
先物・オプション
金・プラチナ
口座開設・取引までの日数 最短翌営業日
特徴100円から始められる
米国株に強い
お得なマネックスポイント

マネックス証券は、「トレードステーション」が自動売買ツールとして利用できます。

情報が充実しており、分かりやすい自動売買ツールとして人気です。

マネックス証券の口座開設者は無料で利用できるのも魅力です。

トレードステーションが用いているプログラム言語は初心者でも理解しやすいEasy Languageとなっています。

また、自分用にカスタマイズもできますので上級者まで幅広く利用されているのが特徴です。

\無料ではじめる!/

関連記事:マネックス証券の評判・口コミまとめ!米国株やIPOの人気についても解説

②インヴァスト証券「トライオートETF」

トライオートETF

総合評価
口座数
取引単位1口
取引手数料無料
スプレッド変動制
銘柄数29銘柄
口座開設・取引までの日数 最短当日

「トライオートETF」は、インヴァスト証券が提供するETFの自動売買注文サービスです。

設定済みの自動売買プログラムを選べ、面倒な設定をする必要がないので初心者におすすめです。

トライオートETFは、24時間自動で取引をおこなってくれます。

利用者の半数以上が初心者ですが、経験者まで幅広く利用されているサービスですよ。

\最大10,000円プレゼント!/

関連記事:インヴァスト証券の評判・口コミを徹底解説!トライオートFXのメリット・デメリット

③IG証券「ProRealTimeチャート」

IG証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
取り扱い商品FX
先物・オプション
CFD
口座開設・取引までの日数最短2日
特徴豊富な通貨ペア
FX以外も豊富
お得なキャンペーンが多い

IG証券は、イギリスを拠点に置くグローバル証券会社です。

IG証券が提供する自動売買ツールには「ProRealTimeチャート」があります。

ProRealTimeチャートは、あらかじめ作成されているプログラム言語を導入することで、自動売買取引をおこなえます。

自動売買の設定を、シンプルにも複雑にも自由にカスタマイズできるのが特徴ですよ。

\最大5万円キャッシュバック!/

関連記事:IG証券ノックアウトオプションのメリット・デメリット!攻略方法完全ガイド

④SBI証券「オートレ225」

SBI証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託2,632件
株式以外債券
FX
CFD
金/銀/プラチナ
先物・オプション
保険
口座開設・取引までの日数最短翌営業日
特徴圧倒的口座数
100万円まで手数料0円
充実のサービス

業界最大手のSBI証券では、「オートレ225」という日経225に特化した自動売買ツールを提供しています。

オートレ225は、最初にルール設定をしておくことで自動で売買注文されます。

条件が整っている間は、繰り返し取引を自動でおこなってくれるので設定を都度する必要がないです。

また、デモ取引で事前に売買の練習もできるのが魅力です。

\口座数&総合力No.1!/

関連記事:SBI証券の評判・口コミ!実際のところどうなのか利用者の声から徹底解説

まとめ~株の自動売買を理解したら投資スタイルに合わせて使いこなそう~

このページでは、株の自動売買の仕組みから注文方法を解説しました。

また、メリット・デメリットの解説やおすすめの自動売買ツールを紹介しましたね。

自動売買の注文方法は種類が多いので初心者は慣れるまで時間がかかるかもしれません。

しかし徐々に慣れて、自分の投資スタイルに合わせて使いこなしていきましょう!

普段忙しい人も株の自動売買をおこなえば時間や手間が省けておすすめです。

日中時間がない人はこのページを参考にして、株式投資に自動売買の導入を検討してみてください。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

\マンガの続きを読む/

コメント

コメントする

目次