【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

株のスキャルピングとは?勝てない理由とおさえておきたいコツを解説

株,スキャルピング

スキャルピングといえばFXを思い浮かべる方が多いかもしれません。

でも実は株でスキャルピングをすることができます。

今回は株のスキャルピングについて徹底解説。

スキャルピングに失敗してしまう理由や、成功するためのコツをおさえておきましょう。

そのうえで、自分に合ったトレード手法が何かを考えてみてくださいね。

\口座数&総合力No.1!/

目次

株のスキャルピングとは?

そもそもスキャルピングとは、トレード手法の一つです。

短い時間に何回も取引を重ねて利益を積み重ねる手法を、スキャルピングといいます。

「scalp」には頭皮を剥ぐという意味があり、頭皮を剥ぐように薄い利益を狙っていくことからスキャルピングという名称がついています。

数秒~数分という感覚で取引をするため、利益は小さくなりがちですが損失も小さくなるのが特徴。

超短期トレードとして人気があります。

他のトレード手法は?

スキャルピング以外のトレード手法を簡単に解説します。

自分に合ったトレード手法を探すことが重要ですよ。

株のトレード手法
  • デイトレード
  • スイングトレード
  • ポジショントレード
  • サヤ取り

デイトレード

その名の通り、一日で取引を済ませるトレード方法です。

スキャルピングよりは長い期間での利益を狙っていくことになります。

利点としては、株式市場が閉まった後の影響を受けないところ。

その日のうちに結果が確定しますから、安心して眠りにつけるのです。

スイングトレード

スイングトレードは、数日~数週間の中長期的トレードです。

短期ではない分、ある程度の分析・予測が必要になります。

知識や経験も求められるため、初心者向けとはいえません。

スイングトレードでは、テクニカル分析やファンダメンタル分析が役立ちます。

ポジショントレード

数週間~数か月にわたって、長期の取引をポジショントレードといいます。

大きな資金で、大きな利益を狙っていきます。

長期的な分、日ごろの些細な変動を気にする必要がないところがメリット。

とはいえ、今後の流れを見極める力は求められます。

大きな損失の可能性があることも頭に入れておきましょう。

サヤ取り

サヤ取りとは、裁定取引とも呼ばれるトレード手法です。

割安な投資対象を買って、割高な投資対象を売ることで、両者の「サヤ」を取りに行くのが目的になります。

金利差・価格差を利用して、利益を生み出すわけですね。

サヤ取りのメリットとしては、リスクの低さ・勝率の高さなどがあげられます。

関連記事:株式投資の仕組みとは?投資初心者でも分かるよう簡単に解説!

株のスキャルピングのメリット

株,スキャルピング

株のスキャルピングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

主なメリットを3つにまとめました。

株のスキャルピングのメリット
  • ローリスク
  • 短期的な変動を狙える
  • 少額でも取り組める

一つずつ確認していきましょう。

ローリスク

スキャルピングの特徴として、ローリスク・ローリターンであることが挙げられます。

取引の時間が短ければ短いほど、変動の幅は小さくなり利益・損失も小さくなっていきます。

損失が小さいからこそ、何回も取引を繰り返し知識や経験を積みやすいといえるのです。

また失敗をしても、取り返すチャンスが多いともいえます。

もちろん投資する金額によっては、リスクが大きくなることもある点には注意しておきましょう。

短期的な変動を狙える

中長期的なトレードをする場合、企業の成長などによる株価変動は重要な要素です。

スキャルピングでも無視できないとはいえ、どちらかといえば日々の細かな変動が利益につながります。

日々のニュース一つで、大きく株価が変動することもあり得ますよね。

そういった場合は大きな利益を狙える可能性があります。

基本的に株価は上がったり下がったりを繰り返すものです。

そういった細かな上昇下降を活かせるのが、スキャルピングのメリットといえます。

少額でも取り組める

銘柄によっては、少額でもスキャルピングは取り組めます。

はじめのうちは失敗がつきものですから、できるだけリスクは低くしておきたいですよね。

スキャルピングは割安株や成長株などから取り組み始めるのがオススメ。

いきなり大金をつぎ込まないように注意しましょう。

\口座数&総合力No.1!/

関連記事:株式投資で失敗する人の特徴は?原因と対策を徹底解説!

株のスキャルピングのデメリット

株,スキャルピング

スキャルピングには、メリットだけでなくデメリットも存在します。

誰にでもオススメできる手法というわけではありません。

デメリットを確認したうえで、取り組むべきかどうか判断してくださいね。

株のスキャルピングのデメリットは以下の通りです。

株のスキャルピングのデメリット
  • 失敗が積み重なる恐れもある
  • 拘束時間が長い
  • 取引コストがかかる

失敗が積み重なる恐れもある

スキャルピングは誰でも成功できる手法ではありません。

ローリスクとはいっても、失敗が連続すれば損失も膨らんでいってしまいます。

瞬時の判断を何回も要求されるため、成功を重ねるためには知識や経験がカギを握るといえるでしょう。

ローリスクだからといって、油断しないことが重要です。

拘束時間が長い

超短期的な取引を何回もする必要があるため、拘束時間が長くなりがちなのもスキャルピングのデメリットです。

チャートに常に目を光らせておく必要があるため、中長期的なトレードより結果的に拘束時間が長くなります。

チャンスを逃さないためにも、時間に余裕をもって取り組むのがおすすめ。

そのため日中働きながらスキャルピングに取り組むのは難しい方もいるでしょう。

取引コストがかかる

スキャルピングでは、超短期的な取引を何回もこなす必要があります。

取引回数が多くなるということは、それだけ手数料もかさみやすいということ。

取引手数料によっては、発生した利益よりも手数料のほうが高くなってしまうケースもありえます。

スキャルピングに取り組む場合は、取引コストができるだけ安く済むやり方を模索すべきです。

関連記事:高配当株で配当金生活も夢じゃない!高配当株の選び方&儲けワザ

スキャルピングで勝てない理由は?

株,スキャルピング

スキャルピングで大きな損失を抱えてしまう人はいます。

勝てない理由をまとめました。

スキャルピングに取り組む前に、勝てない原因をチェックしておきましょう。

スキャルピングで勝てない理由
  • 感覚で取引
  • 決断力が弱い
  • ツールを使いこなせていない
  • 通信環境が悪い
  • 欲張りすぎる
  • 損切りできない
  • 結果を振り返らない

感覚で取引

短い時間で取引するうえで注意しておきたいのが、「感覚で取引しない」ことです。

株価の上昇・下降は運だけで決まるものではありません。

なんとなくで取引を続けていると、負けがどんどんかさんでしまう可能性大。

きちんと分析をして、予測を立てたうえで取引することが重要です。

適当にやっていても勝てるほど、投資は甘くありません。

決断力が弱い

決断力が弱いことも、スキャルピングで勝てない理由の一つといえます。

いざというときの瞬時の判断が、利益を左右するのです。

スキャルピングでは、何度も決断を迫られます。

その都度、瞬時に決断を下せないようでは利益を積み上げていけません。

失敗を恐れず、それでいて自信をもって決断できる状況が理想的ですね。

ツールを使いこなせていない

超短期的な取引だからこそ、ツールの操作に手間取っているとチャンスを逃しかねません。

ツールを使いこなせていないことが、損失のきっかけになってしまうことも。

失敗しないためにも、ツールについては熟知していることが望ましいです。

取引を重ねながら、ツールに慣れていきましょう。

通信環境が悪い

単純に通信環境が悪いことも勝てない原因になりえます。

せっかくのチャンスも、通信エラーで取引できなければ大きな損失ですよね。

一瞬のチャンスを逃さないためにも、通信環境はベストな状態にしておきたいところ。

スキャルピングを始める前に、通信環境をチェックしておきましょう。

欲張りすぎる

短期的な取引だからこそ、少ない利益を積み重ねていくことが重要です。

「もう少し待てば伸びるかも…」と大きな利益を狙いすぎて失敗するのはよくあるケース。

利確を送らせた結果、損失を抱えてしまわないように注意しましょう。

利益を追い求めすぎないようにしたいですね。

損切りできない

スキャルピングで特に意識しておきたいのが「損切り」です。

損切りができなければ、コツコツ積み上げてきた利益を軽々上回る損失を抱えてしまう可能性があります。

それどころか、元本割れしてしまうこともあるでしょう。

多少損失が発生しても、トータルでプラスになるように意識しましょう。

100%勝つことは不可能です。

ある程度損はするものだと割り切って、他で取り返すよう視野を広く持ってください。

結果を振り返らない

スキャルピングのメリットは、取引回数が多く経験を積んでいけることにあります。

経験を積むとはいっても、ただ取引をしていけばいいわけではありません。

取引を都度振り返り、成功・失敗の理由を考える必要があります。

毎回同じ失敗を繰り返していては、利益は積み重ねていけませんよね。

失敗を振り返り、取引を改善していきましょう。

改善できれば、損失も次第に小さくなっていくはずですね。

\口座数&総合力No.1!/

関連記事:株を買うタイミングはいつ?初心者が知っておきたい株の買い方・売り方

株のスキャルピングで成功するコツ

株,スキャルピング

スキャルピングで成功するためにおさえておきたいコツをまとめました。

もちろんコツをおさえれば必ず勝てるわけではありません。

成功率を上げる方法として、頭に入れておいてくださいね。

株のスキャルピングで成功するコツ
  • 早めの損切りを意識
  • トレードは必ず振り返る
  • ルールを決めておく
  • 常にポジションを取ろうとしない

早めの損切りを意識

スキャルピングで失敗してしまう理由の一つが、損切りできないことにあります。

早め早めの損切りを意識することで、損失を小さくしましょう。

損失を確定することは苦しいかもしれませんが、早めに判断することで最低限の損失でおさえられます。

利益を追いかけることも重要ですが、損失をいかにおさえるかも意識してくださいね。

トレードは必ず振り返る

トレードは毎回必ず振り返りましょう。

少しで勝率を上げるためには、「勝ちのパターンを再現する」ことが重要です。

なぜ勝てたのか、きちんと理由をはっきりさせましょう。

また短期の取引は感情にできるだけ左右されないことが重要です。

冷静な判断をするためにも、日ごろから取引を振り返っておくことで、どうすべきかが見えてきますよ。

ルールを決めておく

取引をたくさんするうえで決めておきたいのが、ルールです。

感情に左右され、まだいけると無闇な取引をしてしまうと失敗につながってしまいます。

成功するためにも、あらかじめ決めたルールを守ることが肝心です。

ルールは適当に決めるのではなく、できる限り成功につながるようなルールを設定しましょう。

人によってルールは変わってくるでしょうが、大切なのは感情に左右されずルールを守ることですよ。

常にポジションを取ろうとしない

取引を重ねることで利益を発生させた目、ついついポジションを取りがちな人が多いです。

無意味な取引はできるだけ避けましょう。

取引にはコストがかかりますし、利益に繋がる可能性がない取引をしても意味がありません。

資金にも限りがありますから、無理をして取引しないようにしてくださいね。

関連記事:株の始め方やコツって?初心者にも分かりやすく徹底解説

株のスキャルピングにオススメの証券会社

スキャルピングを始めるなら、どこの証券会社で取り組むかは重要なポイント。

特に手数料は必ず確認しておきたいですね。

スキャルピングにおすすめの証券会社をピックアップしました。

松井証券

松井証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託1,580件
株式以外FX
先物・オプション
口座開設・取引までの日数最短3日
特徴使い勝手の良いツール
お得な手数料
手厚いサービス

松井証券の手数料は、1日の約定代金合計50万円まで0円です。

取引回数が何回でも定額の手数料ですから、スキャルピングとの相性は良いですね。

50万円以内に収まるのであれば、松井証券で取引しましょう。

100万円までの手数料は1,100円(税込)ですから、50万円を超える場合はりえきと手数料を天秤にかけて判断してくださいね。

\無料ではじめる!/

関連記事:松井証券の評判・口コミまとめ!手数料や投資信託についても解説

マネックス証券

マネックス証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託1,235件
株式以外債券
FX
先物・オプション
金・プラチナ
口座開設・取引までの日数 最短翌営業日
特徴100円から始められる
米国株に強い
お得なマネックスポイント

マネックス証券には、「ワンデイ信用」というサービスがあります。

取引手数料無料・返済期限当日中・買建て/売建てが可能・約定代金100万円以上で金利/貸株料も無料という特徴が魅力的。

注文方法も、スピード注文なら最短ワンクリックで注文できます。

2WAY注文ができるのも嬉しいポイントですね。

\無料ではじめる!/

関連記事:マネックス証券の評判・口コミまとめ!米国株やIPOの人気についても解説

SBI証券

SBI証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託2,632件
株式以外債券
FX
CFD
金/銀/プラチナ
先物・オプション
保険
口座開設・取引までの日数最短翌営業日
特徴圧倒的口座数
100万円まで手数料0円
充実のサービス

SBI証券では、スタンダードプラン・アクティブプランと手数料のプランが2つ用意されています。

スキャルピングであれば、1日の約定代金100万円まで手数料が0になるアクティブプランがオススメ。

SBI証券の強みは総合力の高さですから、スキャルピング以外の手法にも取り組みたい方に向いています。

スキャルピング以外の資産運用にも取り組んで、リスクを分散していきましょう。

\口座数&総合力No.1!/

関連記事:SBI証券の評判・口コミ!実際のところどうなのか利用者の声から徹底解説

株のスキャルピングでコツコツ利益を積み重ねよう

株のスキャルピングは、初心者でも取り組みやすい反面なんとなく取り組めば損失が膨らむ可能性があります。

リスクは常に頭に入れつつ、時間を取って取り組みましょう。

手数料と利益にも注意して、着実に成功を積み重ねていきたいですね。

まずは口座開設して、スキャルピングを始める環境を整えてください。

自分に合った証券会社を探してみましょう。

\口座数&総合力No.1!/

関連記事:【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

\マンガの続きを読む/

コメント

コメントする

目次