【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

新NISAとつみたてNISAはどっちがいい?変更点や違いを比較

新nisa,つみたてnisa

新NISAとつみたてNISAは併用できないので、それぞれの違いを理解し、どちらか片方を選ぶ必要があります。

しかし、「新NISAとつみたてNISAはどっちがお得?損をしたくない…」と心配されている方も多いはず。

そこでつみたてNISAと新NISAはどこが違っていて、どちらを選ぶべきなのか、わかりやすく解説します。

制度変更によって、新NISAとつみたてNISAは何が・いつから変わるのかについても説明しているので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

目次

2024年からNISAが大幅にリニューアル!

新nisa,つみたてnisa

2024年から、NISAの内容が大幅にリニューアルされます。

従来の一般NISAに代わって「新NISA」がスタートするほか、「つみたてNISA」は2042年まで延長が決定しました。

また、利用者数が低迷していたジュニアNISAは廃止されます。

それぞれの変更点を詳しく見ていきましょう。

NISAとは?新NISAの変更点は?

NISAとは、年間120万円の非課税投資枠が与えられ、その枠内で買い付けした株や投資信託の利益が5年間非課税になる制度です。

もともと従来の一般NISAは、2023年で終了する予定でした。

しかし2024年から一般NISAは、新しく「新NISA」としてリニューアルされます。

変更点①非課税対象が2階建てに!

一般NISAと新NISAの大きな違いは、非課税枠が2階建て構造になるということです。

どういうことかというと、もともとひとつだった非課税枠が、以下の2つに分かれます。

  • 1階部分…つみたてNISAと同じ商品(投資信託、ETF)の積み立て投資にしか使えない、年間20万円の枠
  • 2階部分…その他の株やREITといった幅広い金融商品(一般NISAと同じ)に使える、年間102万円の枠の枠

ここで注意したいのが、1階部分の20万円枠を一部でもいいので利用しないと、2階部分の102万円枠は利用できない点。※

なぜかというと、1階部分で長期・積立・分散投資を多くの国民に経験してもらおうという、国の狙いがあるからです。

2階部分の102万円枠は、株やREITといった、より幅広い金融商品の買い付けに利用できます。

※2階部分を利用するために、1階部分の枠を全額利用する必要はありません。
一部だけの利用でOKです。

変更点②非課税期間が5年延長

一般NISAをすでに利用している人は、いま保有している金融商品を新NISAの口座に移す(=ロールオーバーする)ことができます。

新NISAの口座に移せば、さらに最大5年間、非課税期間を延長して運用が可能です。

新NISAの口座に移す手続きをしなかった場合、現行の一般NISAで保有している金融商品は、課税口座に移されてしまうので注意しましょう。

つみたてNISAとは?変更点は?

2018年1月からスタートしたつみたてNISA。

あらかじめどの金融商品を毎月何円買い付けるか決めておき、自動で積立投資をおこなう制度です。

最大の特徴は、年間40万円まで非課税枠が与えられ、その枠内で買い付けた分の利益は非課税という点。

非課税の期間は、商品を買い付けたときから数えて20年と非常に長く、長期投資に向いています。

ただし、つみたてNISAの非課税枠で購入できる金融商品は、金融庁の基準を満たしている投資信託・上場株式投資信託(ETF)のみです。

変更点:2042年まで延長

つみたてNISAは今回の制度変更で、新規で投資できる期間が2042年まで延長されました。

仕組み自体に変更点はありません。

関連記事:つみたて(積立)NISAおすすめの銘柄10選&ネット証券3社を紹介!選ぶポイントも分かりやすく解説

新NISAとつみたてNISAの違い

非課税枠(年間)非課税期間対象商品
新NISA1階:20万円
2階:102万円
5年1階:
投資信託
ETF2階:
投資信託
ETF
株式
リート など
つみたてNISA40万円20年投資信託
ETF

新NISAとつみたてNISAは、非課税枠の金額、非課税期間が異なります。

また対象商品は、新NISAの1階部分(20万円枠)とつみたてNISAで同じです。

新NISAの2階部分(102万円枠)では、投資信託とETFに加えて、株式やリートも購入できます。

関連記事:つみたて(積立)NISAの楽天証券での始め方をやさしく解説!おすすめ銘柄10選も紹介!

新NISAとつみたてNISAは併用不可!どっちを選ぶべき?

新nisa,つみたてnisa

新NISAとつみたてNISAは併用できません。

どちらか片方だけを選ぶ必要があります。

また、新NISAの1階部分の非課税枠で購入できる金融商品は、つみたてNISAと同じです。

「新NISAとつみたてNISA、どっちを利用するべき?」と悩んでしまいますよね。

新NISAとつみたてNISAを比較して、どちらが自分に合っているか決めていきましょう。

※現在NISAやつみたてNISAの口座を持っている人が、もう一方の口座に切り替えたい場合、変更の手続きが必要です。
また、NISAの口座はひとりひとつしか持てません。
たとえば「SBI証券でつみたてNISA、楽天証券で新NISAをする」「SBI証券でも楽天証券でも新NISAをする」ということは不可能です。

新NISAを選ぶメリット・デメリット

メリット

  • 1階と2階を合計すると、非課税になる金額がつみたてNISAより多い
  • 株やリートも102万円分まで非課税になる
  • より投資の自由度が高い!

新NISAでは、年間122万円分の非課税枠が与えられます。

つみたてNISAの非課税枠は年間40万円なので、新NISAのほうが年間82万円分も非課税枠が多いです。

また非課税になる対象商品も、1階部分の20万円枠はつみたてNISAと同じですが、2階部分は株・リートも対象です。

よりたくさんの金融商品を非課税で運用したいなら、新NISAのほうがお得・便利になる可能性が高いでしょう。

デメリット

  • 非課税期間が5年と短い

新NISAのデメリットは、非課税期間が5年と、つみたてNISAより短いことでしょう。

しかし5年間の非課税期間が終わった際、さらに5年間非課税期間を延長できる、ロールオーバーという制度があります。

この制度を使えば、実質10年間非課税で運用可能です。

つみたてNISAを選ぶメリット・デメリット

メリット

  • 新NISAより非課税期間が15年も長い

つみたてNISAの非課税期間は20年と、新NISAより15年も長いです。

長期的に少額ずつコツコツ投資するスタイルの人に向いています。

デメリット

  • 非課税枠が少ない
  • 購入できる商品が限定されている

つみたてNISAのデメリットはやはり、非課税枠が年間40万円と、新NISAより82万円分も少ないことです。

新NISAは、1階部分の非課税枠こそつみたてNISAより20万円少ないですが、株やリートも購入できる2階部分の102万円枠があります。

また、つみたてNISAで非課税になる対象商品は、金融庁が定めた投資信託とETFのみです。

つみたてNISAは、自由度や非課税になる合計金額の面で、新NISAに一歩劣っています。

新NISAとつみたてNISAは結局どっちがいい?

新NISAとつみたてNISAがそれぞれどんな人におすすめなのか、以下にまとめました。

新NISAがおすすめな人

株やリートも買いたい

ある程度まとまったお金を投資したい

つみたてNISAがおすすめな人

個別株やリートは買わない

5年以上の長期間、コツコツ積み立て投資したい

大前提として、株とリートの利益が非課税になるのは新NISAだけです。

そのため株やリートをやるなら新NISA、やらないならつみたてNISAがおすすめといえます。

また新NISAのほうが年間82万円も多く非課税になるので、非課税になる金額の多さを重視したいなら、新NISAがおすすめですよ。

現状だと、より人気が高いのはNISAです。

金融庁の「NISA口座の利用状況調査(2021年12月末時点の速報値)」によると、現行の一般NISA口座は1,248万4,106口座。

一方、つみたてNISAの口座数は、518万1,403口座となっています。

新NISAにリニューアル後は「1階部分を利用しなければならない」という制約が生まれるので、今後人気が変わってくるかもしれませんが、やはり新NISAのほうが非課税金額が年間82万円分も多いというのは大きな魅力です。

新NISAからつみたてNISAに移行できる

「新NISAとつみたてNISA、どっちがいいか決められない!」という人は、新NISAを選んでロールオーバーするのもありです。

ロールオーバーとは

ロールオーバーとは簡単に言うと、5年の非課税期間を、さらに5年間延長できる制度のことです。

新NISAの非課税期間が終わったとき、現在のNISA非課税枠で保有している金融商品を、つみたてNISAの非課税枠へ移す(=ロールオーバーする)ことができます。

ただし新NISAからつみたてNISAにロールオーバーできるのは、1階部分(20万円分)の金融商品のみです。

また時価ではなく、当初購入価格でロールオーバーすることになってしまうので、注意しましょう。

※現在一般NISAで保有している商品がある人は、新NISAにロールオーバーすると、さらに非課税期間を5年間延長できます。

※廃止されるジュニアNISAで保有している金融商品も、ロールオーバーの手続きをすることで、廃止後も18歳になるまで非課税にできます。

関連記事:新NISAのロールオーバーをわかりやすく徹底解説!何が変わる?

新NISA・つみたてNISAにおすすめの証券会社2選

新NISAやつみたてNISAにおすすめの人気証券会社をご紹介します。

「これからNISAを始めたい!」「別の金融機関に乗り換えようかな…」と思っている人は、ぜひチェックを!

SBI証券

SBI証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託2,632件
株式以外債券
FX
CFD
金/銀/プラチナ
先物・オプション
保険
口座開設・取引までの日数最短翌営業日
特徴圧倒的口座数
100万円まで手数料0円
充実のサービス

SBI証券は圧倒的な口座数で知られる、大人気のネット証券です。

株式・IPO・投資信託など、どれを取っても銘柄数が豊富。

手数料が安く、ローコストで運用できるのも魅力です。

手数料が安いネット証券というとNISAの取り扱いがなかったり、商品数が少なかったりしますが、SBI証券ならそんな心配もいりません。

総合力の高さが魅力です。

\口座数&総合力No.1!/

関連記事:SBI証券の評判・口コミ!実際のところどうなのか利用者の声から徹底解説

松井証券

松井証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託1,580件
株式以外FX
先物・オプション
口座開設・取引までの日数最短3日
特徴使い勝手の良いツール
お得な手数料
手厚いサービス

松井証券は創業百年を迎える老舗です。

ポイントは、歴史ある証券会社ならではの、手厚いサポート体制。

銘柄選びや値動きに関する相談を、無料で受け付けています。

また、投資について学べるイベントも定期的に開催。

初心者でも知識を身につけながら、しっかり成長していけるでしょう。

さらに投資信託の銘柄数が充実しており、運営管理手数料は誰でも0円です。

    \無料ではじめる!/

    関連記事:松井証券の評判・口コミまとめ!手数料や投資信託についても解説

    新NISAとつみたてNISAまとめ

    新NISAとつみたてNISAの変更点やそれぞれの違い、どちらがおすすめなのかについてご紹介してきました。

    新NISAとつみたてNISAは併用できないので、どちらか片方を選ぶ必要があります。

    単純に非課税枠になる利益の多さで選びたいなら、新NISAのほうが有利です。

    新NISAなら、株やリートなど、より多彩な金融商品の利益を非課税にできます。

    いっぽうつみたてNISAは、非課税枠こそ新NISAより少ないものの、非課税になる期間が20年と長いです。

    将来に備えて積み立て投資を始めたい若い方や、少額ずつコツコツ投資したい人に向いているでしょう。

    もし「やっぱりこっちがいいな…」と思ったら、乗り換えも可能です。

    NISAは維持費や手数料がかからないとてもお得な制度なので、まだNISAを始めていない人は、ぜひ口座開設してみてくださいね。

    関連記事:SBI証券でつみたてNISA!始め方からおすすめの銘柄までわかりやすく解説

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!

    \マンガの続きを読む/

    コメント

    コメントする

    目次