【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

SBI証券でつみたてNISA!始め方からおすすめの銘柄までわかりやすく解説

SBI証券,つみたてNISA

SBI証券のつみたてNISAといえば、銘柄の多さが魅力的ですよね。

でも実は、魅力は他にもあるんです。

今回はSBI証券におけるつみたてNISAを徹底解説!

始め方からおすすめの銘柄までご紹介していきます。

\口座数&総合力No.1!/

関連記事:【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

目次

SBI証券でつみたてNISA!

SBI証券は、口座開設数トップクラスの人気証券会社です。

NISA・つみたてNISAにも対応していますから、よりお得に投資をしていきたい方ならぜひともチェックしておきたいところ。

「100円からはじめられるつみたてNISA」としても人気を集めています。

口座開設は最短5分で入力が完了するため、スムーズなスタートがきれますよ。

SBI証券でつみたてNISAを始める流れ

SBI証券,つみたてNISA

つみたてNISAをSBI証券で始めたいなら、まずは口座開設をする必要があります。

実際に口座開設して取引するまでの流れを確認しておきましょう。

口座開設までは4ステップ、実際に取引するまでは3ステップで済みますよ。

SBI証券でつみたてNISAを始める流れ
  1. 口座開設を申し込む
  2. 必要書類の提出
  3. 初期設定をする
  4. 口座開設完了
  5. 買いたい銘柄を探す
  6. 「つみたてNISA」買付を選ぶ
  7. 金額を入力して発注完了

STEP1:口座開設を申し込む

まずはSBI証券で口座開設を申し込みましょう。

口座開設は無料ですから、お試し感覚でもOK。

開設時には、「つみたてNISA口座」を選択するようにしてください。

下記から口座開設が申し込めますよ。

\口座数&総合力No.1!/

STEP2:必要書類の提出

口座開設の際には、必要書類を提出しなければなりません。

提出可能な書類の組み合わせは以下の通り。

スマホを持っている場合

  • マイナンバーカード
  • 通知カード+運転免許証

上記のいずれかを提出すればOKです。

その場で撮影して提出できるため、取引開始までWEB完結にできるところが大きなメリット。

郵送物のやり取りもないため、口座開設までの時間もスピーディーです。

特に問題がなければ、こちらで提出を済ませましょう。

スマホを持っていない・過去の画像を利用したい・上記書類がない場合

  • マイナンバーカード+本人確認書類1種類
  • 通知カード+本人確認書類2種類

上記でも必要書類の提出として認められます。

下記本人確認書類を手元に用意しておきましょう。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 住民票の写し
  • 住民基本台帳カード
  • 各種健康保険証
  • 印鑑証明書

STEP3:初期設定をする

必要書類の審査後、初期設定ができるようになります。

取引開始前に、設定しておきましょう。

初期設定で確認することは以下の通りです。

  • 連絡先・職業・勤め先
  • 世帯主について
  • インサイダー登録について
  • 振込先金融機関口座の登録
  • 「国内株式手数料プラン」「株式数比例配分方式」の登録
  • 投資に関する質問
  • アンケート
  • その他取引口座の申し込み

投資に関する質問では、投資方針や動機などが聞かれます。

あまり悩まず、率直に回答していきましょう。

STEP4:口座開設完了

ここまでこれば、口座開設完了となります。

準備段階終了というわけですね。

郵送であれば口座開設に1週間以上かかってしまいますが、ネットで開設すれば最短翌日です。

手間もかかりませんから、ネットで開設するのがおすすめですよ。

STEP5:買いたい銘柄を探す

SBI証券で、つみたてNISA対象の銘柄を確認していきましょう。

投資信託の画面から、「投信(積立買付)」をクリックしてください。

その後、「積立設定銘柄を探す」で、つみたてNISAと検索しましょう。

検索すれば、つみたてNISA対象の投資信託が一覧で表示されます。

気になるものは、銘柄名をクリックして詳細の確認をしてくださいね。

STEP6:「つみたてNISA」買付を選ぶ

買いたい銘柄が決まったら、銘柄のページで買付を選びましょう。

基準価格の下にある発注選択ボタンから「つみたてNISA買付」をクリックすればOK。

あとは、どれくらいの頻度でいくら積み立てるかを決めるのみです。

STEP7:金額を入力して発注完了

積立コースと積立金額を設定しましょう。

積立コースは、「毎日・毎週・毎月」から選べます。

積立設定金額は100円以上から1円単位で設定可能。

ボーナス月の設定も忘れないようにしましょう。

ちなみに「NISA枠ぎりぎり注文」を選べば、年間枠40万円を無駄なく使いきれますよ。

関連記事:スマホ証券最新比較ランキング!手軽に始められる株式投資の魅力を徹底解説

SBI証券でつみたてNISAに取り組むメリット

SBI証券,つみたてNISA

つみたてNISAなら、SBI証券で取り組むのがおすすめです。

取り組むことにより、以下のメリットを得られます。

SBI証券でつみたてNISAに取り組むメリット
  • 100円から積立OK
  • 投資信託が豊富
  • 積立のタイミングを選べる
  • ぎりぎり注文で枠を無駄なく
  • ポイントが貯まる・使える
  • クレカ積立サービスも

100円から積立OK

SBI証券では、100円からつみたて投資を始められます。

少額からでも投資ができますから、無理のない範囲でチャレンジできますね。

まずは100円から始めて、徐々に積み立てていくことにより数年後大きな利益につなげていきましょう。

少しでも早く取り組めば取り組むほど、積み立てていける金額も大きくなっていきますよ。

投資信託が豊富

SBI証券は取扱い銘柄数の多さも大きな特徴です。

つみたてNISAの銘柄は、実に170本以上。

コツコツ運用できるものから、大きなリターンを狙えるものまでさまざまな商品がそろっています。

運用スタイルに合わせて、好きな銘柄を豊富な選択肢から選べるのは嬉しいメリットですね。

積立のタイミングを選べる

SBI証券の選択肢の多さは、銘柄の豊富さだけではありません。

積立コースが3つ用意されているため、より自由な積立方式が選べます。

選べる積立コースは以下の3つ。

  • 毎日
  • 毎週
  • 毎月

投資でも大事な要素、「時間の分散投資」ができるわけですね。

毎日の場合は、土日祝日を除いた毎営業日に買付が行われます。

毎週・毎月の場合、好きな曜日・日付で設定することが可能です。

自分のスタイルに柔軟に合わせられますよ。

ぎりぎり注文で枠を無駄なく

SBI証券では、「NISA枠ぎりぎり注文」が用意されています。

この注文方法を使えば、NISA投資可能枠を使い切る金額分つみたてることが可能です。

枠を使い切るために金額を自分で細かく修正する必要がありません。

痒い所に手が届くのも、SBI証券の魅力ですね。

ポイントが貯まる・使える

投信マイレージサービスを使えば、保有残高に応じてポイントが貯まっていきます。

貯められるポイントは、以下の3種類。

  • Tポイント
  • Pontaポイント
  • dポイント

さまざまな取引でポイントが貯まるほか、投資信託の取引にポイントが使えます。

ポイント還元率も良いですから、忘れずに活用したいサービスですね。

通常銘柄SBIプレミアムチョイス銘柄その他指定銘柄
最大0.2%最大0.25%ファンドによる

業界屈指のポイント還元率で、お得に資産運用を進めましょう。

クレカ積立サービスも

三井住友カードを設定することで、クレカ積立もできます。

好きな銘柄と購入金額を設定すれば、自動で投信積立が可能。

クレジットカード決済をすることで、Vポイントと投信マイレージのポイントが両方獲得できてお得です。

最大2.0%のVポイントが貯まりますよ。

もらえるポイントはすべてもらっておきたいですね。

関連記事:つみたて(積立)NISAおすすめの銘柄10選&ネット証券3社を紹介!選ぶポイントも分かりやすく解説

SBI証券でつみたてNISAを始める際の注意点

SBI証券,つみたてNISA

SBI証券でつみたてNISAを始めるのであれば、一つ注意点があります。

それは、「ETFが取り扱い対象外」であることです。

他証券のつみたてNISAでは、ETFも対象になっているところもあるため要注意。

特につみたてNISAの場合、一人一口座というルールがあるためETF目的であればSBI証券以外も検討すべきです。

ETFとは?

ETFは「上場投資信託」のことです。

日経平均株価やNYダウ等の紙数に連動するよう運用されています。

分散投資しやすく、値動きがわかりやすいのが大きなメリット。

一方で、市場価格と基準価格の乖離が起きやすかったり、分配金が自動で再投資されなかったりというデメリットがあります。

関連記事:つみたて(積立)NISAの楽天証券での始め方をやさしく解説!おすすめ銘柄10選も紹介!

つみたてNISAの賢い取り組み方

SBI証券における、つみたてNISAの賢い取り組み方をまとめました。

実際に始める前に、どうやって取り組んでいくか方針を決めておきましょう。

自分に合ったスタイルで取り組んでくださいね。

つみたてNISAの賢い取り組み方
  • 投信マイレージを活用する
  • クレカ積立する
  • NISA枠ぎりぎり注文をする
  • 住信SBIネット銀行と連携する

投信マイレージを活用する

SBI証券を利用するなら、「投信マイレージ」を忘れずに設定しておきましょう。

投資信託の残高に応じでポイントが貯まるため、設定し忘れていれば、もらえるはずのポイントももらえなくなってしまいます。

Tポイント・Pontaポイント・dポイント、使っているポイントを貯められます。

口座開設したらまず連携させておきたいですね。

クレカ積立する

SBI証券のクレカ積立では、下記のクレジットカードで積立投資が可能です。

  • 三井住友カード
  • 東急カード
  • タカシマヤカード

特におすすめなのは、三井住友カードによるクレカ積立。

ポイント最大2.0%還元ですから、毎月5万円積み立てていけば年間最大12,000ポイントももらえます。

普通に投信積立をするよりも、クレカ積立をした方がお得というわけですね。

NISA枠ぎりぎり注文をする

NISAの非課税枠には上限があります。

年間40万円という枠を、きっちり使い切った方が無駄がないですよね。

「NISA枠ぎりぎり注文」を活用して、可能な限り枠を使い切っておきましょう。

できる限り効率よく資産運用をしていきたいですね。

住信SBIネット銀行と連携する

住信SBIネット銀行との連携もおさえておきたい要素です。

連携することで、住信SBIネット銀行の口座から自動的にSBI証券へと入金できます。

わざわざ別銀行から入金する手間が省けるわけですね。

SBI証券で口座開設する前に、住信SBIネット銀行での口座開設も検討しておきましょう。

関連記事:iDeCoのおすすめ銘柄と金融機関!リスクやおすすめしない理由も

SBI証券のつみたてNISAおすすめ銘柄10選

これからつみたてNISAを始める方向けに、おすすめの銘柄をまとめました。

SBI証券でつみたてNISAをするならぜひともおさえておきたい銘柄ばかりです。

気になる銘柄があれば、ぜひ買付を検討してくださいね。

SBI証券のつみたてNISAおすすめ銘柄10選
  1. eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)
  2. eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  3. eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  4. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  5. eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
  6. SBI・全世界株式インデックス・ファンド
  7. SBI・先進国株式インデックス・ファンド
  8. SBI・V・全世界インデックス・ファンド
  9. SBI・V・全米株式インデックス・ファンド
  10. SBI・V・S&P500インデックス・ファンド

①eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)

運用スタイルインデックスファンド
信託報酬0.1144%
純資産総額6528億8200万円
トータルリターン(1年)3.04%
(3年)14.91%
運用・委託会社三菱UFJ国際投信

この商品だけで、全世界への投資ができるところが大きな魅力です。

とはいえ、先進国の割合が高くなかでもアメリカの割合が高い点に注意。

人気のファンドであり、リスクをできるだけ抑えたい方にもオススメです。

信託報酬が低いですから、長期運用でも大きな痛手になりにくいのが嬉しいポイントですね。

②eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

運用スタイルインデックスファンド
信託報酬0.1144%
純資産総額1719億5100万円
トータルリターン(1年)6.26%
(3年)16.91
運用・委託会社三菱UFJ国際投信

日本株式にはすでに取り組んでいるという方には、「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」がおすすめです。

海外株式のみに取り組めますし、信託報酬も低めでコストもおさえられます。

アメリカ株式の割合が大きいため、他の商品も含めて投資をしていくと良いでしょう。

③eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

運用スタイルインデックスファンド
信託報酬0.1023%
純資産総額3619億8100万円
トータルリターン(1年)7.76%
(3年)18.15%
運用・委託会社三菱UFJ国際投信

日本を除く先進国への投資をしたい方にオススメです。

信託報酬は0.1023%とかなり低め。

長期投資となるつみたてNISAとの相性は良いといえるでしょう。

④eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

運用スタイルインデックスファンド
信託報酬0.0968%
純資産総額15030億4600万円
トータルリターン(1年)9.42%
(3年)19.72
運用・委託会社三菱UFJ国際投信

低コストで運用をしたいなら、「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」も要チェック。

信託報酬は、0.0968%と他商品よりさらに低くなっています。

純資産総額の多さからしても、投資家たちから人気を集めていることがよくわかりますね。

組み入れ上位銘柄にはソフトウェアサービスが多く、今後の成長にも期待できるところが見所です。

⑤eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)

運用スタイルインデックスファンド
信託報酬0.154%
純資産総額557億5500万円
トータルリターン(1年)-7.27%
(3年)7.35
運用・委託会社三菱UFJ国際投信

国内への投資に注力したい方にオススメの商品です。

東証株価指数(TOPIX)の値動きに連動している投資信託で、比較的わかりやすいところが大きな魅力。

これから投資を始める初心者の方にもオススメですよ。

⑥SBI・全世界株式インデックス・ファンド

運用スタイルインデックスファンド
信託報酬0.1102%
純資産総額727億9300万円
トータルリターン(1年)4.94%
(3年)15.90
運用・委託会社SBIアセットマネジメント

SBIアセットマネジメントが運用している、全世界の株式に投資する商品です。

信託報酬は0.1102%と低く、純資産総額727億円越えの人気商品。

日本と海外、どちらにも投資したい方にオススメです。

⑦SBI・先進国株式インデックス・ファンド

運用スタイルインデックスファンド
信託報酬0.1022%
純資産総額119億円
トータルリターン(1年)5.18%
(3年)16.14
運用・委託会社SBIアセットマネジメント

ETFを含んだ投資を行いたいなら、「SBI・先進国株式インデックス・ファンド」がおすすめです。

アメリカに上場している2種類のETFに投資できます。

信託報酬も0.1022%と申し分ないですね。

⑧SBI・V・全世界インデックス・ファンド

運用スタイルインデックスファンド
信託報酬0.1338%
純資産総額129億7500万円
トータルリターン(1年)-
(3年)
運用・委託会社SBIアセットマネジメント

「SBI・V・全世界インデックス・ファンド」は、世界の株式に投資できるファンドです。

純資産総額は低めですが、コスト面はかなり魅力的。

年々純資産総額は増加していますから、今後運用が安定していけばさらに人気となる商品ですよ。

⑨SBI・V・全米株式インデックス・ファンド

運用スタイルインデックスファンド
信託報酬0.0938%
純資産総額1075億5200万円
トータルリターン(1年)6.03%
(3年)-
運用・委託会社SBIアセットマネジメント

「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」は、バンガード・トータル・ストック・マーケットETFを通じてCRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)に連動して運用される商品です。

アメリカの株式にまとめて投資できるため、一気にアメリカ株を網羅したい方にオススメ。

⑩SBI・V・S&P500インデックス・ファンド

運用スタイルインデックスファンド
信託報酬0.0938%
純資産総額6774億6900万円
トータルリターン(1年)9.30
(3年)19.55
運用・委託会社SBIアセットマネジメント

「バンガード・S&P500ETF」を通して、S&P500指数(円換算ベース)に連動する形で投資する商品です。

純資産総額は6774億円と、かなり大きい規模となっています。

S&P500指数の動きから、投資信託の値動きも予想できるため初心者にもオススメ。

関連記事:不労所得で月10万円達成する方法!注意点とコツもご紹介【初心者必見】

SBI証券でお得につみたてNISA!

つみたてNISAは、投資によって発生した利益を非課税にできる便利な制度です。

長期的な投資であれば、ぜひとも活用しておきたいところですよね。

SBI証券でつみたてNISAを始めることにはたくさんのメリットがあります。

気になる銘柄があった方は、さっそく口座開設してみましょう。

\口座数&総合力No.1!/

関連記事:SBI証券の評判・口コミ!実際のところどうなのか利用者の声から徹底解説

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

\マンガの続きを読む/

コメント

コメントする

目次