【10社厳選】ネット証券会社おすすめランキング!初心者に人気の証券を紹介

moomoo証券の評判・口コミは?怪しいという噂の真偽やメリット・デメリットを解説

moomoo証券,評判

moomoo証券(ムームー証券)とは、金融情報アプリ「moomooアプリ」を提供している会社です。

米国株の手数料が安く、取引内容によっては、他社と比較してかなりお得になります。

しかしあまり聞かない証券会社なので、「怪しい会社?」と疑われてしまうことも少なくありません。

またmoomoo証券は、香港を拠点とするグループ企業の一員であるため、「中国の会社だから信用できないのでは?」と考える投資家もいます。

今回はmoomoo証券の評判・口コミをご紹介します。

moomoo証券のメリット・デメリットや手数料、怪しいという噂の真偽について解説していくので、moomoo証券が気になっている方はぜひ参考にしてください。

関連記事:米国株投資におすすめの証券会社7選!為替手数料・取引手数料・銘柄数を徹底比較

moomoo証券
  • 米株取引が24時間可能!
  • 業界最安水準の手数料
  • 取り扱い銘柄が約7,000

目次

moomoo証券の基本情報

moomoo証券

社名moomoo証券株式会社
Moomoo Securities Japan Co., Ltd.
設立大正9年4月
代表取締役社長伊澤 フランシスコ氏
本店東京都渋谷区
金融商品取引業者関東財務局長(金商)第3335号
第一種金融商品取引業、第二種金融商品取引業、投資助言・代理業、投資運用業
取引所資格東京証券取引所 総合取引参加者
大阪取引所 先物取引等取引参加者
親会社Futu Holdings Limited
商品米国株・米国ETF
銘柄数約7,000銘柄

moomoo証券は、2007年に設立された香港を拠点とする企業「Futu Holdings Limited」(フツ・ホールディングス、富途控股)のグループ企業です。

金融情報アプリ「moomoo」を通じて、さまざまな金融情報を提供しています。

また2023年9月19日からは、米国株式取引サービスが始まりました。

米国株に関しては、約7,000銘柄を24時間取引できるのが大きなポイントです!

moomooアプリとは

moomooアプリでは、大口投資家売買動向や、空売りデータ、板情報などの一歩先行く情報の配信がおこなわれています。

リアルタイムの株価やチャートはもちろん、世界の有名なファンドが売買している銘柄の確認も可能です。

FX・先物・仮想通貨など、かなりさまざまな投資対象の情報を確認できるとあって、高く評価されています。

関連記事:米国株銘柄のおすすめ10選!米国株に強いネット証券3社も紹介

moomoo証券が怪しくない4つの理由

moomoo証券,評判

このようにmoomoo証券は業界最多クラスの米国株銘柄を取り扱っており、アプリも投資情報を収集するうえで非常に役立つものです。

しかし、moomoo証券に関する疑念や不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

moomoo証券の歴史や実績、背後にある組織を詳しく知ることで、安全性や信頼性を判断する手がかりが得られます。

結論から言うと、「moomoo証券は母体がしっかりしており、利用者も多く、怪しい企業ではない」という見解が一般的です。

moomoo証券が怪しくない理由
  1. 大正9年からの歴史がある
  2. 親会社はNASDAQ上場
  3. 受賞歴が多い
  4. 世界200カ国に2,000万人の利用者がいる

①大正9年からの歴史がある

moomoo証券はもともと、「ひびき証券」として知られていました。

ひびき証券は、大正9年の創業から続く長い歴史を持っていた証券会社です。

しかし2022年9月に香港が本社の「FUTU Holdings Limited」に買収され、同社のグループ入りを果たしています。

その際、ひびき証券は「moomoo証券株式会社」へと社名を変更しました。

紹介女性
FUTU Holdings Limitedは、日本進出に合わせてmoomoo証券(旧ひびき証券)を買収したという経緯があります。

この長い歴史は、信頼性を示す要因のひとつです。

②親会社はNASDAQ上場

moomoo証券の親会社である「Futu Holdings Limited」は、NASDAQに上場しています。

NASDAQとは、米国の代表的な株式市場のひとつで、新興企業向けの株式市場としては世界最大です。

怪しい企業だとしたらNASDAQ市場への上場は難しいと考えられるため、この点においても、moomoo証券の信頼性は高いといえるでしょう。

Futu Holdings Limitedはどんな会社?

Futu Holdings Limitedとは香港の証券会社です。

香港や中国本土で証券事業に従事しています。

株式・ETFなどの取引サービスを提供中です。

また市場データや分析ツールなども提供しています。

③受賞歴が多い

moomoo証券は、数々の賞を受賞しています。

moomoo証券の受賞歴
  • ベストトレーディングプラットフォーム賞
    (フィンテックブレイクスルーアワード2022)
  • ジャンディン新興ブローカー賞
    (証券タイムズ2021)
  • フィンテックトレーディングサービス部門賞
    (SBR技術優秀賞2021)
  • ベストアクティブトレーディングアプリ
    (インベストメントシンプルアワード2021)

特にアプリの使いやすさや機能性、金融・技術の融合などが評価されています。

これらの豊富な受賞歴は、サービスの質の高さや、評価の高さを示す証です。

④世界200カ国に2,000万人の利用者がいる

moomooアプリは、世界200カ国で利用されています。

利用者数は驚異の2,000万人超えです。

多くの個人投資家に愛用されているという点からも、安心して取引を始めることができるでしょう。

またmoomoo証券はグローバルに活躍しているFutu Holdings Limitedの強みを活かして、国際的なマーケット情報や、海外の企業に関する情報を豊富に掲載しています。

さらに世界中の投資家との交流も可能です。

日本国内で手に入りにくい情報も閲覧できます。

関連記事:初心者向け米国株の買い方を解説!日本株との違いやおすすめネット証券を紹介

moomoo証券の悪い評判・口コミとデメリット

moomoo証券,評判

moomoo証券の悪い評判・口コミは、次の通りです。

moomoo証券の悪い評判・口コミ
  1. 中国系のアプリだから怪しい
  2. 情報量が多くて使いこなせない
  3. インフルエンサーが紹介していて信用できない
  4. 自動翻訳の日本語に違和感がある
  5. アプリを使っていると充電の減りが早い

中国系のアプリだから怪しい

moomoo証券の親会社が香港を拠点としていることから、「中国系の会社だから怪しい」「個人情報が適切に管理されるのか」と疑問に思うユーザーも少なくありません。

しかしmoomoo証券は、アプリのセキュリティに関する情報を公開しています

公式情報によると、moomoo証券に取得される個人情報は、電話番号やメールアドレスといった基本的なものだけです。

情報量が多くて使いこなせない

moomoo証券のアプリは、投資家にとって大きな武器となる、多種多様な情報を提供しています。

しかし投資経験が浅い初心者にとっては、この情報の多さが、逆に使いこなすことの難しさを感じさせる要因となっています。

アプリの中には多くの機能やデータが詰め込まれているため、そのすべてを理解し、適切に利用するのは簡単なことではありません。

インフルエンサーが紹介していて信用できない

moomoo証券のアプリは、SNSやインターネット上で、多くのインフルエンサーに紹介されています。

その紹介内容が本当に信じられるのか、という疑問を抱くユーザーも見受けられました。

しかし必ずしも、「インフルエンサーを使って宣伝している=良くないサービス」というわけではありません。

インフルエンサーの発言に影響されたくない人は、実際の機能や利用者の生の口コミも確認すると、より確かな判断ができます。

自動翻訳の日本語に違和感がある

moomoo証券のアプリで提供される情報の中には、外国からのニュースやデータも含まれています。

情報を迅速にユーザーに提供するため、アプリ内では自動翻訳機能が活用されていますが、日本語の表現に違和感を感じる部分があるとの口コミも見られました。

特に海外の複雑なニュースや専門的な内容が正確に翻訳されないと、誤解を招く可能性も考えられます。

とはいえ自動翻訳の精度は比較的高いという意見が多く、まったく使い物にならないわけではありません。

アプリを使っていると充電の減りが早い

moomoo証券のアプリはリアルタイムの情報更新や、多彩な機能が魅力のひとつです。

一方で常に最新の投資情報を更新する動作が、バッテリー消費の要因となっているのか、「アプリを使っていると充電の減りが早い」との口コミが見られました。

一部のユーザーからは、バッテリーの減りの早さを改善してほしいという声が上がっています。

関連記事:米国株の高配当銘柄15選!連続増配中の優良企業を厳選

moomoo証券の良い評判・口コミとメリット

moomoo証券,評判

moomoo証券の良い評判・口コミを紹介します。

moomoo証券の良い評判・口コミ
  1. 無料で使える
  2. 世界中の速報性の高い情報が手に入る
  3. 自動翻訳機能を使ったニュース閲覧や動画視聴ができる
  4. 機関投資家の保有銘柄を詳しく確認できる
  5. 株・債券・FX・仮想通貨など幅広い投資対象の情報が見れる
  6. 時価総額が各国の主軸通貨で表示される
  7. 初心者向けの学習コンテンツやデモトレード機能がある
  8. コミュニティで情報交換ができる
  9. 米国株を24時間取引できる
  10. moomooポイントをためると特典がもらえる

無料で使える

moomoo証券のアプリでは、多彩な情報が提供されているので、「料金がかかるのでは?」と心配に思う投資家も少なくありません。

しかしmoomoo証券のアプリは無料です。

多岐にわたる銘柄情報や投資ツールを、無料で閲覧・活用できます。

特に約定分析やヒートマップ機能などは、無料でありながら非常に高機能であると評判です。

世界中の速報性の高い情報が手に入る

moomoo証券は米国株投資に強いですが、日本株や香港株、さらにはシンガポール株やオーストラリア株に関する情報もタイムリーに入手可能です。

日本の個別銘柄の最良気配値や歩み値、米国株の板情報といった、リアルタイムの市場情報が提供されています。

各イベントの日はライブ配信も実施中です。

また、現在の約定状況がパイチャートで表示されるので、大口投資家の売買動向も一目で確認できます。

自動翻訳機能を使ったニュース閲覧や動画視聴ができる

海外のニュースや情報を日本語で読むことができる自動翻訳機能は、moomoo証券のアプリの魅力的な機能のひとつです。

たとえば、海外企業の決算発表を日本語の字幕付きで視聴したり、決算書類を日本語で読んだりすることができます。

英語が苦手な方でも、海外市場に関する情報を容易に取得できる点は、非常に高く評価できるでしょう。

タイムリーな投資判断が可能です。

機関投資家の保有銘柄を詳しく確認できる

また、機関投資家の最新の保有銘柄が確認できるのも、大きな特長の一つです。

たとえば「投資の神様」として知られるウォーレン・バフェット氏が運営する会社、バークシャー・ハサウェイが保有している銘柄も確認できます。

どの銘柄を何%保有しているか、業種分布はどうかといった細かなところまで確認可能です。

バフェット株をポートフォリオに組み込んでいる方は、この機能だけでもmoomoo証券のアプリを使う価値があるといえます。

日本の機関投資家の動向に関しても、詳しい情報が提供されています。

株・債券・FX・仮想通貨など幅広い投資対象の情報が見れる

moomoo証券のサービスは、さまざまな投資対象の情報提供に優れています。

情報を取り扱っている投資対象
  • 株式(国内・国外)
  • ETF
  • FX
  • 暗号資産(仮想通貨)
  • 先物・オプション
  • 債券

ユーザーは、日本株から米国株、さらには暗号資産や債券といった幅広いカテゴリーの情報を、一つのアプリで確認することができます。

この多様性は、投資先を幅広く選びたい投資家には大変魅力的です。

投資信託の情報は見れませんが、今後対応する可能性に期待しましょう。

時価総額が各国の主軸通貨で表示される

moomoo証券のもう一つの特長は、時価総額の表示方法にあります。

時価総額が各国の主軸通貨で表示されるため、通貨変換の手間を省き、直感的に銘柄の評価を行うことが可能です。

この機能は、国際的な視点での投資を行いたい投資家には特に役立ちます。

初心者向けの学習コンテンツやデモトレード機能がある

投資初心者も安心してmoomoo証券のサービスを利用できるよう、様々な学習コンテンツが提供されています。

具体的には、投資の基礎から応用までを学ぶことができる「moomooスクール」や、リスクなく投資の手法を練習できるデモトレード機能があります。

moomoo証券の学習コンテンツ
  • スターターガイド
  • moomooスクール
  • マイスター講座
  • 投資ペディア
  • デモトレード

初心者も段階的に投資のスキルを磨いていくことが可能です。

コミュニティで情報交換ができる

moomoo証券では、利用者同士がアクティブに情報交換を行えるコミュニティ機能が提供されています。

投資家たちが投資のノウハウや意見、最新のマーケット情報を共有し合う場です。

他の投資家の見解を参考にしならが、楽しく投資がおこなえます。

米国株を24時間取引できる

またmoomoo証券では、土日を除いて、米国株の取引を24時間行うことができます。

プレマーケットやアフターマーケットで取引できる証券会社なら他にもありますが、24時間取引ができるというのは、国内主要証券会社では初です。

忙しい方や、夜間のニュース発表後にすぐ取引したい方にとって、このサービスは魅力的であると評価できます。

moomooポイントをためると特典がもらえる

moomoo証券では、さまざまなアクションを通じて「moomooポイント」が獲得できます。

moomooポイントとは、さまざまな特典と交換することができる独自のポイントです。

有効期限は獲得日から2年間となっているので、適宜使っていくといいでしょう。

moomooポイントと交換できる特典の例
  • NASDAQ TotalView
  • NYSE OpenBook
  • SG先物LV1 リアルタイム相場
  • 香港株LV2 リアルタイム相場
  • デリバティブ LV2

特典は時期によって変わるので、交換を希望される際は、交換所で最新のラインナップをご確認ください。

関連記事:米国株ブログおすすめ10選!サラリーマン投資家や有名投資家から学ぼう

moomoo証券の手数料に関する評判・口コミ

moomoo証券,評判

moomoo証券は手数料が安いと評価されています。

moomoo証券でかかる手数料は、おもに次の2つです。

moomoo証券の手数料
  • 米国株の取引手数料
  • ETFの取引手数料

moomoo証券では、口座の管理料は一切かかりません。

為替手数料は無料です。

入金に関しても、即時入金を選べば手数料無料となっています。

出金は月に5回までなら手数料が発生しません。

moomoo証券の米国株取引手数料は業界最安クラス

moomoo証券を利用する最大のメリットとして、米国株の取引手数料が非常にリーズナブルである点が挙げられます。

具体的には、200株までの取引であれば、どの銘柄でも手数料が一律1.99ドル(税抜)に抑えられるのです。

他の証券会社では、約定代金に対して○%という形で米国株の取引手数料が設定されています。

取引する株数が少なくても、約定代金が高ければ、手数料も高くなってしまうのです。

しかしmoomoo証券では、どれだけ株価が高い銘柄でも、200株までの取引なら1.99ドル(税抜)しか手数料がかかりません。

大型株や株価水準が高い銘柄の取引には最適です。

2000株取引する際、手数料を節約するために200株ずつ10回に分けて取引を行う、というやり方もできます。

なお、手数料の上限は、約定代金の1%です。

低位株・ETFの取引手数料は割高になる場合がある

一部の口コミでは、「少額取引においてmoomoo証券の手数料は高く感じる」との意見も見られます。

確かにmoomoo証券では、株価が低い銘柄を取引する場合、手数料が高額になる傾向です。

小型株や超低位株の取引には適していません。

またETFの手数料は他社なら無料なので、moomoo証券であえて取引するメリットは薄いです。

関連記事:長期投資におすすめのETF13選!米国株・全世界株などの高配当ETFを厳選

moomoo証券がおすすめの人

moomoo証券が特におすすめなのは、次の特徴に当てはまる人です。

moomoo証券がおすすめの人
  • 海外の情報収集に力を入れたい人
  • 米国株投資をしている人
  • 投資初心者~上級者

海外の情報収集に力を入れたい人

moomoo証券は、海外市場に関する情報を豊富に提供しています。

外国語が苦手でも、国際的な投資情報や最新の海外経済動向をリアルタイムでキャッチできるというのは、moomoo証券の大きなメリットです。

海外の経済情報に目を光らせたいなら、非常に役立つサービスと言えるでしょう。

米国株投資をしている人

moomoo証券は国内株や債券の情報もアプリを通じて提供していますが、実際に取引ができるのは米国株とETFのみです。

しかし米国株の手数料はかなり安いので、米国株投資をしている人には、特におすすめといえます。

米国株の取引をサポートする機能も豊富です。

最新の株価情報や企業の財務データなど、米国株投資に必要な情報を、網羅的に提供しています。

投資初心者~上級者

moomoo証券は非常に多くの情報を提供しているので、初めての方には少しハードルが高く感じることもあるかと思います。

しかしmoomoo証券は初心者の方に向けて、投資の基礎知識やヒント、投資戦略についての情報も豊富に提供中です。

初めての投資をスムーズに進めるサポートが受けられます。

もちろん、中級者~上級者の方にもおすすめです。

関連記事:日本株・米国株の個別銘柄おすすめ12選!優良企業の安定・高配当株を厳選

moomoo証券アプリの始め方

moomoo証券,評判

moomoo証券のアプリを使うにあたって、面倒な口座開設は不要です。

メールアドレスか電話番号を登録し、パスワードの設定をするだけで始められます。

STEP1.メールアドレスor電話番号登録

初めに、moomoo証券のアプリをダウンロードします。

moomoo証券のアプリは無料でダウンロード可能です。

ダウンロード後、アプリを起動すると、メールアドレスまたは電話番号の登録画面が表示されます。

こちらに適切な情報を入力しましょう。

STEP2.パスワード設定

次に、パスワードの設定を行います。

強固なパスワードを設定することで、より安全にアプリを使用可能です。

パスワードの設定後は、アプリ内のさまざまな機能を利用開始できます。

関連記事:OANDA証券で口座開設する流れを4つのステップで解説!キャンペーンやポイントサイトも紹介

moomoo証券と比較したいおすすめ証券会社3選

moomoo証券は他社と差別化された独自の魅力を持つ証券会社です。

しかし、他の証券会社と比較検討して、本当に満足できる会社を選ぶことをおすすめします。

moomoo証券と一緒に比較検討したいおすすめ証券会社は、次の3社です。

おすすめ証券会社
  • マネックス証券
  • 楽天証券
  • SBI証券

マネックス証券

マネックス証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託1,235件
株式以外債券
FX
先物・オプション
金・プラチナ
口座開設・取引までの日数 最短翌営業日
特徴100円から始められる
米国株に強い
お得なマネックスポイント

マネックス証券は米国株投資に早くから力を入れてきたネット証券です。

米国株では、プレマーケットをはじめとする時間外取引に対応しています。

通常の取引時間外でも、市場の動きに合わせて取引を行うことが可能です。

またマネックス証券の「銘柄スカウター」は、投資判断の大きな助けとなるツールとして評価されています。

このツールでは過去10年以上の業績や四半期業績、さらにはPBRやPERの推移など、企業ごとの詳細なデータを無料で確認可能です。

これだけの情報を手に入れられるツールは、他の証券会社ではなかなか見られません。

また、IPOの抽選では、全ての投資家に対して平等なチャンスが与えられています。

さらに、アクティブなトレーダー向けの「トレードステーション」という取引ツールも高機能でおすすめです。

以上のようなサービスや機能を持つマネックス証券は、投資家の方々にとって大変魅力的な選択肢の一つといえるでしょう。

\無料ではじめる!/

関連記事:マネックス証券の評判・口コミまとめ!米国株やIPOの人気についても解説

楽天証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託2,634件
株式以外FX
CFD
ETF
金/銀/プラチナ
先物・オプション
保険
口座開設・取引までの日数最短2営業日後
特徴国内株・単元未満株の手数料が無料!
取扱商品が豊富!
初心者にも使いやすい!

楽天証券は、日本のネット証券大手5社の中で、口座数第2位です。

近年はSBI証券を上回る口座増加数を記録していることから、人気と信頼度の高さが伺えます。

楽天証券が人気を伸ばしているおもな理由は、楽天カードを利用してつみたてNISAをすると、投資信託の購入時に楽天ポイントが獲得できるからです。

この特典は、多くの投資家にとって魅力的な要因となっています。

また楽天証券のもう一つの特徴は、確定拠出年金iDeCoの運営管理手数料や国内株の取引手数料が、完全無料である点です。

SBI証券とともに、業界の中で最も低いコストを誇っています。

ポイントを貯めたい人や、低コストで投資したい人におすすめの証券会社です。

\新規口座開設数No.1!/

関連記事:楽天証券の評判・口コミまとめ!ポイント投資や手数料も解説

SBI証券

SBI証券

総合評価
コスト
信頼性
NISA/つみたてNISA
投資信託2,632件
株式以外債券
FX
CFD
金/銀/プラチナ
先物・オプション
保険
口座開設・取引までの日数最短翌営業日
特徴圧倒的口座数
国内株・単元未満株の手数料0円
充実のサービス

ネット証券の世界で、SBI証券はその名を轟かせています。

なぜなら、SBI証券は業界最大手として、顧客からの高い評価を背景に数々のサービスを展開しているからです。

国内株・単元未満株の手数料が完全無料という点は、他社と比較して、コスト面でかなり優位性があります。

米国株取引における買付手数料の低さも魅力です。

またSBI証券は、他の証券会社にはない独自のサービスを数多く取り揃えています。

たとえばCFDのような、新しい取引形態を迅速に取り入れ、顧客の多様なニーズに応える努力をしているのです。

業界最大手としての地位を確立したSBI証券は、その独自性やサービスの質の高さで、現在も多くの投資家から信頼を得ています。

\口座数&総合力No.1!/

関連記事:SBI証券の評判・口コミ!実際のところどうなのか利用者の声から徹底解説

moomoo証券は手数料と情報力に関する良い評判が多い

moomoo証券は、先進的な投資ツールや豊富な情報を提供するオンライン証券会社です。

アプリを通じて、投資家はリアルタイムの市場情報や海外のニュースを手軽に手に入れることができます。

親会社が中国系であることから「怪しい企業では?」という評判も一部で見られますが、実績・受賞歴・利用者の多さなどを踏まえると、信頼性の高い証券会社です。

しかしアプリの情報量の多さは、初心者にとって難解に感じられることも。

自動翻訳機能を使った情報提供も多いため、日本語の違和感が見受けられると指摘されています。

とはいえ初心者向けの学習コンテンツがある点や、英語が読めなくても多彩な情報を収集可能な点は、大きな魅力です。

さらに米国株取引の手数料も、非常に安く設定されています。

moomoo証券のアプリは無料で利用できるので、気になった方はインストールしてみてはいかがでしょうか。

関連記事:長期保有におすすめの米国株15選・米国株ETF4選!高配当株や成長株を厳選

moomoo証券
  • 米株取引が24時間可能!
  • 業界最安水準の手数料
  • 取り扱い銘柄が約7,000
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

\マンガの続きを読む/

コメント

コメントする

楽天証券|無料講座開設はこちら
目次